『嫌な女』黒木瞳、映画監督デビューに疑問の声「わがまま女優に務まるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

 何十人ものスタッフに指示を出さなくてはいけない監督業は、どんなに経験を積んだ監督でも過剰なストレスが溜まるものだ。鬼のような形相でスタッフに怒鳴り散らす黒木の姿をイメージするのは、さほど難しくはないように思える。

 さらに黒木といえば、一頃ネット上で話題に上がった、母親としての『監督不行き届き』による長女のイジメ事件が思い出される。

「自分の娘1人監督できない人間が、大所帯の撮影クルーをまとめられるのかって。そう疑問に感じているのは私だけじゃないと思いますよ」(同)

 現在長女は海外留学をしているという噂があるが、それが本当だとすると、母親としての監督放棄ということだろうか。いずれにせよ、女優としては文句のないキャリアを積んできただけに、今回の監督業進出に注目が集まっていることだけは間違いがない。名選手、名監督にならず、とスポーツ界ではよく言われるが、果たして名女優は名監督となり得るのだろうか?後日発表となるキャストの顔ぶれから、監督・黒木瞳のセンスが露わになり始めるだろう。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。