【神経の謎】「ミラータッチ共感覚」 ― “患者の痛みを自分の痛みとして感じる”医師の驚異的能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ニューロン

,

共感覚

,

医師

,

神経

MirrorTouchSynesthesia_2.jpg
画像は「CBS LOCAL」より引用

 当事者が受けるほど鮮明な感覚を伴うわけではないが、「ミラータッチ共感覚」を持つ人は時としてその能力に押しつぶされ、うつや不安に悩み、引きこもりがちとなってしまうケースもあるようだ。しかし今回のサリーナス医師は、

「患者さんとの壁が取り除かれ、本当の意味でつながり合うための助けとなっています。この力は私の一部なのです。もう、この力がない方が(自分にとっては)気持ち悪いですね」 

 と、あくまでも前向きだ。「ミラータッチ共感覚」には不便なことも多いだろうが、文字通り“患者の痛みが分かる”医師となるため、サリーナス医師にはがんばってほしいものだ。そしてさらに研究が進み、いつの日かこの人体の謎が解き明かされる日がくることを願いたい。
(編集部)


動画は「YouTube」より


参考:「CBS LOCAL」、「Oddity Central」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。