浅田真央の父親が「暴行で逮捕」報道もマスコミは沈黙…真央ちゃんはなぜタブーなのか? 過去には謝罪放送、出版中止も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:
asadamao_150517.jpg浅田真央オフィシャルウェブサイトより

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 現役復帰を表明した浅田真央が突如としてスキャンダルに襲われた。それが真央の実父のDVの末の傷害罪逮捕報道だ。

 これを報道した「週刊新潮」(新潮社)8月6日号によると、2011年12月、妻・匡子さんが死去した後、父親は50代女性と交際を始めた。しかし父親は次第にこの交際女性に暴行を振るうようになり、遂に今年5月22日には壮絶な暴行の末、警察に通報され翌日には逮捕されたというのだ。

「『浅田真央』復帰を邪魔する『実父』女性暴行逮捕の被害届」と題された記事には交際女性による赤裸々な暴行の様子が綴られている。

 同日23時頃、父親にかかってきた別女性からの携帯電話を巡り2人は諍いになったが、父親は壮絶なDVを交際女性に振るい始めたという。

「彼は立ち上がり、振りかぶった平手を私の頭上に思いきり叩きつけたんです。痛くて、私が“何すんのよ!”と言うと、“うるせんだよ!”と、今度は私の脇腹からお腹のあたりを2、3回突き蹴りしてきました」
「(その後も)私は首をつかまれて突き飛ばされ、よろけたところを髪を引っ張られて頭を振り回され、顔や頭や腹を足で何度も蹴られ、再び髪を持って引きずり回された後、ソファの横に叩きつけられ、上から蹴られました」

 そのため女性は警察に通報し、その後病院に緊急搬送されたという。当初は容疑を否認していた父親だが、その後罪を認め略式起訴による30万円の罰金が確定したという。

 日本中から愛される真央ちゃんのパパによる驚きのDV逮捕劇だが、記事には真央パパの意外な過去も明らかにされている。それがホスト歴と3度の逮捕歴だ。

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    6:匿名 2015年11月10日 00:55 | 返信

    へー、黒い影がある子だって知らなかった。
    知っただけ得したぞ。

    5:匿名 2015年9月15日 17:20 | 返信

    事実はちゃんと報道するべき。家族の不祥事にメントするのは当然。マスコミはスポーツ選手を公平に扱うのが当たり前。こちら側も好き嫌いに関係なく受けとめるべき。もし安藤美姫の家族が不祥事をおこしたら、マスコミは徹底的にバッシングするんでしょ?実力実績は報道せずくだらない臆測して下世話な記事ばかりなんだからね。そしてそれを上回る下劣なコメントが殺到するんでしょ?

    4:匿名 2015年9月13日 22:40 | 返信

    信じられない記事です。愛読してたこのHPまで真央ちゃんを貶めるんですか。。。。
    ワイドショーの酷い真央中傷を無かった事にし、お母様をただのクレーマーにしたいんですね。
    有る事無い事嘘、誇張、言いたい放題テレビは垂れ流し、その酷い有様に批判するのは親として当たり前ですよね。当時、優勝しても真央だけが批判され、挙句キムを何故か持ち上げ、優勝報道でさえ、私はテレビで不快な事ばかりいってたので見なかった。その後もワイドショーやテレビでさえ見なくなりました。真実を報道してるのがほとんどなかったから。
    ましてや、キムの実力が真央を上回るとか、、、ありえない。。。
    キムの限りなく黒いドーピングもキムだけ試合で尿検査パスも何も報道しないし。

    3:匿名 2015年8月20日 09:15 | 返信

    まるで浅田真央とファンの暴挙、我が儘のように書いていますね。
    転倒した姿を堂々と特大パネルにして選手本人に見せつけたり、情報を捏造して無理矢理キムヨナを持ち上げ、浅田真央に対する悪意ある報道をしてきたことが謝罪に値しないものだとでもいうのですか。
    しかも小倉智昭の謝罪・訂正なんて半笑いの視聴者を舐めた態度で、ですけど。
    まるで小倉智昭の方が被害者のように書いていますが、自国の選手を汚ない手段で下げ、公平性に欠いた報道をしてきたフジテレビは自粛させられて当然です。
    これが浅田真央に対する特別扱い、真央の為にならない、という記者の意見は悪質な情報操作だとしか思えず、本気で言っているのなら驚きを隠せませんね。

    2:匿名 2015年8月6日 17:21 | 返信

    浅田真央の意向で記事が決まるなら、あれほど悪意に満ちた報道がなされてきたのは
    おかしいということに気が付かないんでしょうか?この記事を書いた記者は。

    1:匿名  2015年8月5日 22:54 | 返信

    ローラの父親は、国際指名手配犯で、重要かつ特殊な事案。
    一方、フィギュアスケート選手の父親のほうは、ただの一般人のプライベートな喧嘩。
    なぜ、同列に扱うのか、意味が分からない。

    アマチュアスポーツ選手の家族のプライバシーを侵害するのが、そもそも問題。
    それをカバーするだけの、社会性・公共性のある記事なら、まだ分かるが、
    そんなものは全く無い。
    つまり、週刊新潮の記事は、書いてはいけない記事。

    また、上記記事は、当該フィギュアスケート選手に対する、悪意ある報道が多かったことには触れていない。バランスを欠いている。悪意をもって書いているのではないかと、疑わざるをえない。

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。