小泉進次郎が撮られた復興庁元美人秘書との“ホテル密会”、囁かれる意外なネタ元とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
shinjiro_150513.jpgハメたのは誰だ?(小泉進次郎公式サイトより)


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 “政界のプリンス”小泉進次郎・復興大臣政務官がホテルでの密会を撮られてしまった。「週刊文春」(文藝春秋)8月13・20日特大号に掲載された「小泉進次郎が抱いた復興庁の女」だ。

 刺激的なタイトルと同様、その内容もなかなかスキャンダラスなものだった。7月23日深夜を回る頃、進次郎の姿は小泉家御用達ホテルの東京プリンスホテルにあった。当初ホテル正面に止めた車の中で“待機”していた進次郎だったが、代わりにチェックイン手続きをした運転手の合図でホテルの部屋へ。

 それから少し遅れて、周囲に異常な警戒をしながら1人の女性が進次郎のいる部屋に入っていった。しかも、「文春」はドア越しに会話を聞いており、それによると、2人は午前2時頃までたわいのない会話を続けた後、進次郎の「可愛いねえ」という言葉で会話が止まったという。

「文春」によれば、この女性は進次郎の秘書だった30歳の復興庁の元職員。1年ほど前まで夫と短い結婚をして離婚したバツイチ女性だ。

 独身同士の男女の密会とはいえ、絶大なる人気を誇る、若き政界のプリンスを襲った女性スキャンダルは大きな波紋を呼んでいる。なかでも週刊誌関係者の間で話題になっているのが、誰がネタ元か、という話だ。

「『週刊文春』はあまりに用意周到にこのスキャンダルを取材しています。進次郎がホテルに到着した様子から部屋に入るまでの一部始終、ホテル手前の細い路地にタクシーを止めた相手の女性が周囲を警戒しながらホテルに入るところをずっと追っている。ホテルで密会する以前に女性の存在を特定し、さらに密会日時も把握していなければ出来ないことですからね」(週刊誌記者)

 そのため、この情報はお相手の女性が自らリークしたのではと言われているのだ。

関連記事

    人気連載
    【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

    【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

    ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

    人気連載
    奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

    奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

    【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。