みんなで飛べば怖くない!? 中国工場労働者が賃上げ求め「集団自殺」で脅迫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

marder081904wb事前の“告知”があったのか、多数のやじ馬が駆けつけたという

 今回の事件と似た事件が相次いで発生している会社がある。Apple製品などの生産委託を受けて急成長した富士康(フォックスコン)だ。50万人を超える中国人が作業員として働いているが、2010年頃から複数の作業員が自殺や自殺未遂をしており、10年だけで9名以上が自ら命を絶った。8月7日にも、鄭州市内の工場で28歳の男性が投身自殺していたのが発見された。自殺した作業員の一部には、労働環境や給料面に悲観していた者も少なくなかったとの証言もある。フォックスコンは以降、欧米などからも“自殺工場”と揶揄され、米Appleが公式にコメントを出すまでに至っている。相次ぐ自殺者により、フォックスコンは大きなダメージを負った。

「これまで工場労働者が待遇への不満を爆発させるパターンには、工場内デモ、破壊行為や工場幹部の軟禁・監禁行為などがあった。しかし、近年は治安悪化の要因になるので、当局はこれらを厳しく抑圧している。こうして最近のトレンドとして出てきたのが、集団自殺をほのめかす行為で、『飛び降りショー』と命名されています。今回の騒動も、労働者側の関係者が『微信』(中国版LINE)などで事前に拡散させたり、メディアに事前に伝えていたようです。本当に自殺してしまえば、ネットで一気に拡散し、会社側に批判が集中、ビジネスで実害が出ることになる。賢いやり方かもしれません」(現地駐在のビジネスマン)

 ちなみに、現在の電子部品工場の労働者の一般的な月給は5~8万円ほどだという。4~5年前から比べるとおよそ1.5~2倍になったが、それ以上にインフレが進行しており、労働者の生活は困窮を極める一方だ。彼らのように命を懸けなければ、雇用主との交渉の場すら提供されない肉体労働者にとって、この国の労働環境は過酷であると言わざるを得ない。
(取材・文=青山大樹)

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。