ゲス・エロ・オヤジ…!! 目撃者が暴露した、離婚女優・鈴木砂羽のヤバ~い「酒癖」が素晴らしすぎる!

関連キーワード:

,

ゲス・エロ・オヤジ…!!  目撃者が暴露した、離婚女優・鈴木砂羽のヤバ~い「酒癖」が素晴らしすぎる!の画像1画像は、『鈴木砂羽 フラッシュバック』(デジタルブックファクトリー)

 女優の鈴木砂羽(42)が今月中旬、俳優吉川純広(32)と離婚した。2009年に鈴木の主演舞台「cover」で共演.、11年に結婚。鈴木は子作り願望があったようだが、2人の将来への展望が合致せず、今春から別居していたという。

 2人は連名で「夫婦として時間を進めていくよりも、個に戻り、今一度これからの人生をそれぞれに邁進するという結論に至りました」とコメントしていた。

 そんな鈴木に対し、キャバクラ業界から「砂羽ねえさんは結婚生活なんて合っていない。離婚して正解」と妙なエールが送られている。

 週刊誌などで「居酒屋8軒はしご」などと書かれたり、酒豪ランキング上位の鈴木だが、その楽しい飲みの真骨頂はキャバクラで発揮されるのだという。

 ある六本木キャバ嬢は「砂羽さんはキャバクラが大好きで、ドラマ関係者や舞台関係者の男性スタッフたちが行くとなれば、いつだって『私も連れてけ』ですよ。有名人なのに変装もせず、堂々とキャバクラで焼酎の水割りをガバガバ飲みまくる。声が大きいので、周りのお客さんにもバレバレです」と明かす。

 しかも、キャバ嬢に対し、ものすごく気を遣うため、嬢からは人気が高いとも。

「女の子が隣に座ると、あいさつする前に『飲みたい物は何?』と、キャバ嬢からの“おねだりドリンク”前に自ら注文。気が回らない男性スタッフたちには『何やってんの! 隣の子がつまらなさそうじゃない』と説教。砂羽さんがいると自然と場が盛り上がりますね。ホステスという若い同性に嫌悪感や引け目を感じる女性の飲み方じゃなく、ダンディーな紳士の飲み方ですよ」(同)

 紳士な鈴木だが、欠点は酔っ払うとエロオヤジ化してしまうことだという。

 別のキャバ嬢は「酔い出すと『私の隣には巨乳をつけて』と注文をつけ、隣に巨乳の子がつくとずっと触ってます。まるで明石家さんまさんみたい。『やっぱり巨乳はいいわ』とうれしそうにバカ笑い。でも触ってるのが女性である以上、誰も文句は言いません(笑)」と語る。

 裏表がなくて飾らなくてガサツ。男みたいな鈴木。いやオッサン、オヤジと言ってもいいだろうか。

 六本木のキャバクラ黒服はこう語る。

「本人も酒癖の悪さを自覚してます。酔うと女に触り、一緒に飲んでる男のスタッフたちには『男ならもっとシャッキリしなさい』『男ならもっとデカい夢を持ちなさい』などと説教。その説教が長いこと長いこと(笑)。もし毎日、あれをやられたら離婚原因になってもおかしくないです」と指摘する。

 酒を飲んで説教…異性の飲み友達としては楽しいかもしれないが、年下夫にはつらかっただろう。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ