仲間由紀恵の“巨大化“は宿命付けられていた? 沖縄美女が劣化するワケ

関連キーワード:

,

,

仲間由紀恵の巨大化は宿命付けられていた? 沖縄美女が劣化するワケの画像1※イメージ画像:仲間由紀恵出演『放浪記』オフィシャルサイト

 仲間由紀恵の大幅劣化が話題だ。仲間は16日、東京都内で行われた『放浪記』の製作発表に和服姿で出席。その姿を見たネットユーザーたちから、「ただのデブおばちゃん」「これは役作りでわざと太っているのか?」「貧乳だったけどデブ化で巨乳になるんでは?」と批判され、波紋を呼んでいる。

 仲間といえば沖縄出身であり、色白黒髪の美少女キャラとして知られる。特技は琉球舞踊で、腕前は師範代クラスだ。またしとやかなイメージもあり、長らく男性関係の浮いた噂もなかった。そのため、処女説も出ていたほどだったが、2014年には俳優の田中哲司と結婚している。

「彼女は『NHK紅白歌合戦』の司会を4度務めるなど、幅広い年齢層に受ける女優でもありますね。『ごくせん』(日本テレビ系)や『TRICK』(テレビ朝日系)など人気ドラマシリーズにも出演し、実力派女優としても知られます。そんな彼女も今年で36歳。デビューが15歳と早いですから、十代のうちから見ている分、劣化が目立つというのもあるでしょう」(業界関係者)

 仲間が出演する舞台『放浪記』は、2012年に92歳で亡くなった森光子が2000回以上出演したことでも知られる伝説の舞台だ。名物シーンとなる“でんぐり返し”も登場するか見ものだ。

「仲間は、2014年に放送された『フジテレビ開局55周年スペシャルドラマ 森光子を生きた女』で、森光子役を演じています。今にして思えば、この抜擢も『放浪記』出演の伏線だったのかもしれませんね。これからは、森のような大女優を目指そうとしているのではないでしょうか」(前出・同)

 ちなみに仲間の出身地である沖縄県は、女性の肥満率は全国ワースト1位(厚生労働省・平成24年国民健康・栄養調査)である。肥満の原因は脂分の多い沖縄料理や、車文化の普及による運動不足など挙げられる。ちなみに仲間の趣味はドライブだ。彼女の“巨大化”は宿命付けられたものかもしれない。
(文=平田宏利)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

仲間由紀恵の“巨大化“は宿命付けられていた? 沖縄美女が劣化するワケのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル