「何をやってもちんちくりん」元AKB48・板野友美にまとわりつく“違和感”の正体

関連キーワード:

,

,

「何をやってもちんちくりん」元AKB48・板野友美にまとわりつく違和感の正体の画像1※イメージ画像:『Gimme Gimme Luv』(キングレコード)

 8月16日に六本木において行われた、テレビ朝日の動画番組の公開収録で披露された板野友美の“ヘソ出しダンス”が話題だ。

 板野は、自身のシングル「Gimme Gimme Luv」に乗せて、黒い衣装を身にまとい、ダンスパフォーマンスを行った。しかし、評判は芳しくなく、ネット上では、「ヘソ出しで短足が余計に目立つ」「何をやってもちんちくりん」「改造は顔だけじゃなくて足にも必要なのでは?」と厳しい意見が目立った。

「彼女はもともと、体に対して顔が大きく、手足が短い幼児体型です。きらびやかな動きとセクシーさ求められるダンスパフォーマンスとの相性は悪いでしょう。実際、スタイルの良いバックダンサーとの対比も目立っていました」(アイドルライター)

 板野の公称身長は154センチであるものの、実際にはさらに低いという説もある。過去には蛯原友里(身長168センチ)や道端ジェシカ(身長173センチ)らと並び、その身長のギャップが“公開処刑”とも言われた。

「彼女はPVやイベント出演時などは、かなり高いヒールを履いてくることが多いです。時には10センチ以上のものもあります。身長の低さや、足の短さはかなりコンプレックスのようですね。“小さくてカワイイ”路線も目指せるはずなんですが、彼女自身はそれを望んでいないように見えます」(前出・同)

 板野は過去、「英語ができる」アピールをしていたにもかかわらず、曲名に使われた英単語の意味すらわからないという失態も見せている。自分を良く見せようとする上昇志向が強いのは確かだが、まるで実態が伴っていないのは明らかだ。アイドルとしての“等身大”の美貌、魅力は備え付けているのだから、彼女には“身の丈にあった”活躍をしてもらいたいものだ。
(文=平田宏利)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

「何をやってもちんちくりん」元AKB48・板野友美にまとわりつく“違和感”の正体のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル