蒼井優が“魔性の女”説に真っ向反論!「メール1通で別れるなんてあり得ない」「マンション買わせてない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

「メール1通で別れたとか言われてるけど、自分の中で、それはあり得なくて。そうやってできる人って、逆にいいなあと思うんです」
「マンション買わせたとかメール1通で別れたとか言われたときは、人って泣き過ぎると目の下の皮がめくれるぐらい(笑)、心から涙が出るんだなってことがわかって」

 さんざん傷ついたと言う蒼井だが、それでもさすがは女優。「役者だからこそ、その傷を仕事に還元できる」と述べ、「お陰でそこからは、泣くシーンになるとすぐ泣けるんですよ」と振り返っている。しかも、ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)で演じた芸者の役は「週刊誌に書かれてる蒼井優を参考にして芝居をしていた」とさえ話し、皮肉たっぷりにこう語っている。

「男の人にしなだれかかるっていう概念が私にはないから、自分の中の感性になかったことを週刊誌の人が教えてくれたんです」

 蒼井の言うとおり、たしかに週刊誌では、“『龍馬伝』(NHK)の打ち上げで酔って香川照之にしなだれかかっていた”と伝えた「女性セブン」にはじまって、“おでん屋デートで大森南朋にしなだれかかっていた”(「週刊女性」主婦と生活社)、“男にしなだれかかる新魔性の女”(「週刊実話」日本ジャーナル出版)などなど、蒼井の小悪魔テクニックは「しなだれかかる」が定説化していた。こうした報道に、蒼井はよほど腹を立てていたのだろう(その週刊誌チェックぶりにも感心してしまうが……)。

 では、実際の蒼井の恋愛とはどんなものだったのか。

「自分から好きになるっていうことがあんまりないんですよ。友情と愛情の違いがイマイチわかってなくて」
「(交際時は)自分のキャパ以上に頑張り過ぎて、そのキャパに自分が追いつかなくなって、キーッてなることもあったし。慎ましくしてみたり、お弁当作ってみたり、求められることの3歩先ぐらいをやろうとしてみたり。自分で自分の首を絞めて窒息、みたいな感じ(笑)」

 人の恋愛をどうこう言えるものではないが、蒼井の口から語られた恋愛模様は、「魔性の女」「略奪女王」という冠とはかけ離れたものだった。むしろ、どこか“優等生”な雰囲気を感じるほどだ。もしかすると、過剰なスキャンダル報道を浴びてきたことで恋愛に慎重になっているのではないか、そんな気さえしてくる。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。