旅行から帰ってきたら団地が消えていた!? 住民の留守中に勝手に家を破壊する、中国地上げ屋“トンデモ”新手法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

katteni082601wb出張中に取り壊された浙江省紹興市の男性の自宅跡

【日刊サイゾーより】

 不動産バブル崩壊の足音が近づく一方、今でも中国各地の再開発地域では、住民たちに立ち退きを迫る地上げ行為と、それに対抗する「釘子戸(釘の家)」と呼ばれる現地住民との激しいバトルが展開されている。

 そんな中、地上げ屋たちが導入した新手法が話題となっている。

 8月11日、河南省開封市の女性が子どもとの楽しい旅行を終えて帰ってくると、なんと自宅の団地が消えていた。かつて団地が建っていた場所には、がれきと化した家具が無残に積まれていたという。

 女性の話によると、団地付近では再開発工事が進んでおり、今年の初め、立ち退きの相談に何度か訪ねて来た人物がいたという。ところが、彼女は立ち退きにも同意することはなかった。団地のほかの住民たちも、取り壊しに関する通知を受けておらず、今でも誰が取り壊したかすらわからないという。

 また16日には、紹興酒で有名な浙江省紹興市の村に住む男性が、出張している間に「あなたの家が取り壊されている」と連絡を受けた。急いで戻ってみると、2階建て250平米の一軒家が無残にも廃墟と化していた。同村では、今年3月から住民の立ち退きと、家屋の取り壊し作業が徐々に始まっていた。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。