矢口真里以上に未来は暗い? ハロプロメンバーたちの今後、業界人は厳しい意見

 なるほど、彼女たちの曲が評価されれば起死回生もあるかもしれないようだ。では、モー娘。を卒業したハロプロメンバーたちの今後についてはどう考えているのか。

「これはAKBと同様でよほど優れた“何か”がないと厳しいですね。所詮はグループとして価値があった人々で、個人として何かが優れていたわけではありません。グループを出てソロになったとき、芸能界で生き残っていけるのは本当にわずかです。そのため、ハロプロメンバーが今後ブレイクするのは至難の業でしょうね。矢口真里などはバッシングされていますが、あれだけの知名度があるだけマシと言えます。現在のメンバーなど顔と名前が一致しない人も多いですし、初期メンバー以上に厳しい未来が待っていると思いますよ」(プロダクション関係者)

 厳しい意見だが、たしかに頷けるものもある。このような意見をバネにして、彼女たちにはどうにか頑張ってほしいものだ。
(文=吉沢ひかる)

コメント

2:匿名 2015年9月9日 09:42 | 返信

ハロプロ出身者には真野恵里菜さんや休養中の道重さゆみさんなどグラビアやファッション、バラエティー、コスプレなどでも更なる飛躍を期待できる、傑出した人物も少なくない。また嗣永桃子さんも精彩を欠いてしまっている(パワハラ被害を受けるなど事務所との確執も報じられている)。
つんく氏もプロデューサーを降りるとの情報があり、ハロプロの発展的解消は免れないように思う

1:匿名 2015年9月8日 20:30 | 返信

卒業後、なぜブレイクしないといけないんですか?
今までと違う事をやるのですから、そこでいきなり評価されるなんて稀です。
最初はあまり目立たなくとも、コツコツと実績を積めばいいのです。
真野恵里菜のように、女優として実績を積んで評価されるメンバーもいます。
新垣里沙も舞台を中心にがんばっている。
ハロプロメンバーはそういう事ができる人たちです。
ブレイクしようとして失敗して消えていくより、コンスタントに活動出来たほうがいいですから。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。