【閲覧注意】小人症の男が新妻を杖で陵辱! 奇跡のインモラル映画『痴漢ドワーフ』!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 ある日、その下宿屋に1組の新婚夫婦が部屋を借りにくる。旦那はテレビや劇などの売れない構成作家で、新妻は美人だ。対応した女主人は左頬に大きな傷があり、息子のオラフに部屋を案内させる。ベッドの上に寝転がり「ほら、フカフカだよ~♪」と子どもみたいに跳ねてはしゃぐオラフに慄然とする夫婦(笑)。怪しすぎる親子に嫌悪感丸出しの若妻だが、一日中アパート捜しで歩き回って疲れた旦那は契約してしまう。

 だがこの下宿屋は、最上階の屋根裏部屋の奥に隠し部屋があり、浚われてシャブ漬けにされた女どもが全裸で監禁され売春を強要されていたのだ。女主人はかつてナイトクラブのスター歌手だったが、火事で頬に傷を負い、その年にオラフが生まれ(彼女いわく「最悪の災難」)、悪の道へと身を落としていたのだ。

chikandowaf-2.jpg

 なかなか仕事が取れない旦那は、当座の生活費を稼ぐためオモチャ屋へバイトの面接に行く。だが、オモチャ屋は下宿屋にシャブを卸している売人のアジトだった。旦那はいきなりパリ出張を命じられ、知らずのうちにヌイグルミの中に隠されたシャブの運び屋をやらされるはめになる。その頃、暇な新妻は建物内を探検しているうちに、シャブが切れて騒ぎ出した女の声を耳にし、隠し部屋を突き止める。新妻は女達を救出しようとするが、母子に見つかり裸にひん剥かれ、両手を手鎖で繋がれシャブを打たれてしまう。

 その夜、オラフが客を連れて来る。冒頭の三つ編み少女もそうだが、新妻も売春婦達も美形揃いなのが嬉しいが……そう言えば三つ編み少女がいない。最初の一撃で死んじゃったのか? 客は中からフレッシュな新妻を選ぶが、「夫を探して。警察を呼んで」とかメンドクサイので、「チッ、ヤク中め!」と別の女に行く。そして客が帰ったあと、余計な事を喋った新妻にオラフの折檻が始まる。オラフは涎を垂らし、歯を剥き出して、顔面をワナワナと震わせた凄まじい形相で、杖を使って新妻の乳首と性器を凌辱する

 一方、オモチャ屋の倉庫で店長とオラフの麻薬犯罪らしき会話を聞いてしまった旦那は、警察へ通報しにいく。屋根裏部屋へと踏み込む刑事と旦那。旦那は、そこに自分の妻が素っ裸で繋がれていて愕然とする。女主人を捕えた刑事は、不在のオラフを探すため旦那に拳銃を渡す。女主人を見てろということだろうが、警察官が一市民に銃をホイッと渡すか(汗)? それ見たことか、刑事が部屋を出ると、激オコの旦那は「この野郎」と女主人を撃つ。女主人は売春婦にもたれかかり、その股ぐらで死んでいく。それを見て笑っている完全に壊れた売春婦。

 一方オラフは、家が警察に包囲されていることを悟り、観念して最上階の窓から飛び降りる。落ちたオラフの頬が「テケテケテケ」と電動オモチャのような音を立てて小刻みに震える。と思ったら、脇にドラムを叩くピエロのオモチャがいて音を出していたのだ。そして冒頭のオモチャ犬が尻尾を振ってオラフに近寄ってくる。血まみれの手でその頭を撫でるオラフ。双方の動きが止まり、THE END。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?