【閲覧注意】近年増加する「梅毒」患者、もしも感染したらどうなるのか?

関連キーワード:

,

,

,

,

※2ページ目に刺激の強い画像を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします。

 性病の代表格ともいわれる梅毒――。現代では抗生物質治療で比較的簡単に治るため、あまり危険視されていない感染症であるが、なんと昨年は日本国内で梅毒患者が1999年以降最多になっていたことがわかり、衝撃を呼んだ。しかも今年に入っても増加の勢いは鈍ることなく最多のペースを記録しているという。


■増えている梅毒感染者数

syphilis1.JPG梅毒トレポーマ 画像は「Wikipedia」より

 国立感染症研究所によると、全国の梅毒の患者数は8月2日までの累計で1350人となり1999年以来最多だった昨年の8割に達している。特に増えているのが東京都で、8月2日の時点で531件となり、過去最多だった昨年の507件を早くも超えてしまったのだ。また茨城県でも例年にない患者数(7月26日の時点で28人)を数えており、県としては異例の警戒を呼びかけている。梅毒は決して過去の病ではなかったのだ。

 また世界的にも梅毒の感染は衰えておらず、正確な統計をとりはじめた1999年以来、全世界で推定1200万人が新規に感染したとされている。再び我々の身近な危機と化した梅毒だが、感染するとどんな症状が起きるのだろうか。


■梅毒に感染するとどうなるのか

 主に性行為などを媒介として感染が広がる梅毒だが、感染した際には非常にゆっくりと症状が現れる。第1期から第4期まで進行していくがもちろん治療は早ければ早いほど効果的なので、早期発見が極めて重要だ。

●第1期
 小さな腫れ物ができる。これは初期硬結(しょきこうけつ)、硬性下疳(こうせいげかん)と呼ばれ、いずれも痛みはなく梅毒トレポネーマ(原因菌)が入り込んだ箇所(主に性器や肛門、唇など)に発生する。発症から2~3週間で自然に治ってしまうため、この期間は見過ごされやすい。

●第2期
 感染後3カ月~3年の間にあたる状態で、発疹が全身にあらわれるようになる。イギリスの最小貨幣、ペニーほどの大きさであることから「ペニー銅貨発疹」ともいわれ、全身どこでも発症する。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?