【閲覧注意】右手、両足、左目を喰いちぎられて死亡! 政府運営の病院で赤ん坊がネズミの餌食に!! =インド

 病院にドブネズミ! 想像しただけで恐ろしい光景だ。日本であれば、まったく似つかわしくない、というかありえない取り合わせだが、どうやらインドなら話は別らしい。


■保育器の赤ちゃんがネズミの餌食に!

「The Telegraph India」の電子版によると、インド南東部アーンドラ・プラデーシュ州グントゥールにある総合病院で悲劇は起きた。8月17日に生まれた男の赤ちゃんには先天性の呼吸器疾患が見つかったため、そのまますぐに新生児外科病棟へと移された。人工呼吸器が取り付けられ、保育器に入れられた我が子――夫婦にとって第2子となる息子だったが、胸に抱くことも許されず、ただただ遠くから見守ることしかできなかったという。

 1週間後の日曜の朝、最初に異変に気づいたのは、父親のカヴォリ・ナグラジュさんだった。遠目に見ても明らかに赤ちゃんの様子がおかしい。彼は「私たちの息子が泣き続けているんです。すぐに看護師を呼びました」と振り返る。

 だが、看護師が到着した時には、すでに呼吸器の中で右手の指は齧られ、両足、左目は食いちぎられた後だった。すべてはドブネズミの仕業だった。すぐさまICUに担ぎ込まれましたが、2日後、赤ちゃんは短い命を閉じた。

gunturggh1.JPG画像は「YouTube」より

 実はカヴォリ夫妻、事故が起きる数日前からネズミが保育器の周りにいると病院のスタッフにクレームをつけていたというのだ。しかし、彼らは何もしてくれなかったことになる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?