義兄に頼んで自力で人工授精…レズビアンカップルの“妊活”奮闘記が描く社会の壁と家族の意味 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
yurinin_150910_top.jpg江川広実・藤間紫苑『ゆりにん レズビアンカップル妊活奮闘記』(ぶんか社)


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 今年は、東京・渋谷区で、同性カップルを結婚相当とするパートナーシップ証明書を発行するなどの条例「同性パートナー条例」が成立(施行は来年4月1日)。LGBTの権利獲得への大きな一歩となったが、まだまだ問題は山積みだ。

 また、仮に結婚が社会的に認められるようになっても、同性婚カップルの前には大きくたちはだかる問題がある。それは出産だ。

 同性婚カップルが子どもが欲しくて、産みたいと思ったとき、どうすればいいのか。そこにどんな障害が待ちうけているのか……そんな同性婚カップルの妊活を描いたのが『ゆりにん レズビアンカップル妊活奮闘記』(ぶんか社)だ。

 原作監修はこの物語に“嫁”として登場する藤間紫苑氏で、かねてからカノジョの牡丹氏が子どもを欲しがっていたことで、妊活をスタートさせる。が、藤間氏には、異性・同性カップルに限らぬ懸念事項があった。当時42歳という年齢と、関節リウマチという持病を持っていること。

 まず医師から持病について「妊娠OK」の診断をもらうと、さっそく基礎体温を計り記録することから始める。

 その後友人から、〈タイやアメリカは精子売買や不妊治療が盛ん〉であることを聞き調べると、タイに日本語対応の病院があることを知り、藤間氏はさっそく電話で問い合わせをしてみたところ、人工授精が以下のような流れで行われることがわかった。

1.IVF(体外受精)の専門医を受診します。
2.精神科の専門医を受診します。
3.感染症の血液検査をします。
4.婦人科部長、IVF部長・当院医療部長の許可を得たら法医学専門医の受診を受けます。

 ただし、問題は精子だ。レズビアンカップルの場合は精子をどこかで調達しなければならない。海外では精子を購入することが可能だということがわかったのだが、どれほどの費用がかかるのかといえば……。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。