徹夜でセックス、偏見と差別…! 元AV男優が語る「男優」という職業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,


「中には超辛い現場もありましたよ……。例えば、朝10時集合、解散が翌日の朝10時という24時間拘束の現場には参りました。睡魔と戦いながら、延々、SEXやSMが繰り返され、精根尽き果てましたよ…。でも、聞いた話では、業界の景気が良かった頃には、3日間徹夜の現場なんていうこともあったようです。その時は、かなりリアルな監禁物のSM作品が撮れたそうです」(前出・同)

 その後も、男優・汁男優として数年間、活躍したA氏だったが、ふとしたきっかけで業界を去ることになった。

「これは一般の仕事にも言えることですが、AV男優にも才能や努力が必要なんです。トップ男優にまで上りつめるなら、女優への気づかい、ルックスの良さ、演技力、射精をコントロールできる能力、仕事に対して真面目であることなどが最低条件。僕は話や演技が苦手で、男優向きではありませんでした。あと、当時交際をしていた女性から『親に紹介したいので、AV男優をやめて欲しい』と言われたのがきっかけで、男優引退を決意しました。

 その女性とは結婚したのですが、ケンカするたびに決まって『昔、AV男優をやっていた』と責められるので、結局は離婚してしまいました。AV男優には、偏見や差別は避けられないのだなと痛感しましたよ…。しかし、いくら白い目で見られようと努力して成功すれば、年収数千万円を稼げるスターになれるチャンスがあるので、夢のある世界だとは思いますよ」(前出同)
 
 男性ならば誰しも一度は夢みる、AV男優という職業。並々ならぬ努力や覚悟が必要だということだが、一念発起をして一攫千金を狙うのもアリかもしれない!?
(文=小田三平)

関連キーワード

コメント

5:匿名 2016年3月2日 04:12 | 返信

男なら誰しもっていうフレーズおかしくない?遊び人なら誰でもなら分かるけと、男なら誰しもとか完全に男を見下してるよね。

4:匿名 2016年2月16日 01:24 | 返信

え?現役ちゃうの?

3:川本勝 2016年2月6日 22:16 | 返信

70過ぎでもいけるかな?でへっ

2:匿名 2016年2月4日 16:09 | 返信

底辺が何偉そうに言ってんだろ

1:匿名 2015年12月22日 12:52 | 返信

汚い仕事

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。