辺見マリだけではない! 洗脳報道で悲惨な道を辿った女性芸能人3名!

 14日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演した、タレントの辺見マリの洗脳体験談が話題だ。

 辺見を洗脳したのは拝み屋と称する人物。「神様と話せる人がいる」とマネージャーに紹介されたのがきっかけとなった。それ以降、洗脳は13年間におよび、騙し取られた金額は5億円。さらに共同生活を強いられ、神の声を聞くための修行や食生活の管理、芸能界引退とヘアヌードになることを命じられたという。あまりにも凄まじい出来事だが、芸能界ではこのような洗脳被害が少なくないようだ。

■能年玲奈

 13年放送のNHK朝ドラ『あまちゃん』に出演し、一躍、人気女優となった能年玲奈だったが、今年4月に洗脳報道が駆け巡る。週刊誌各誌によると演出家の滝沢充子氏に傾倒している能年は、滝沢氏の指示を受けて、所属事務所に無断で個人事務所を設立したため、芸能界引退の危機にさらされているという。実際のところ、現在、唯一のレギュラーはラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)のみ。その番組も9月28日の放送をもって最後の出演となるなど、いよいよ本格的に人気が下火となりそうな気配である。

■持田香織

 Every Little Thingのボーカル・持田香織に洗脳騒動が持ち上がったのは12年。週刊誌各誌によって持田と気功師との異常な関係について報じられた。気管支炎を患って以来、声の調子が思わしくなかった持田は、知り合いのスタイリストに静岡県在住の気功師を紹介される。その気功師に傾倒するや、影響はライブ活動や作品にまでおよび、挙げ句は気功師との同居、さらには財産の差し出しをするほどだったという。今年8月、9歳年下のスポーツトレーナーとの結婚を発表した持田だが、気功師との関係は断ち切ることができたのだろうか?


■鹿島とも子

 18歳のころに日劇ダンシングチームに入団し、順風満帆の芸能活動を送っていた鹿島とも子だが、82年のスノーモービルによる事故で脊髄を損傷。芸能活動停止に追い込まれてしまう。長引くリハビリ生活の中で89年にオウム真理教に出会う。すると、教団に入信した鹿島は活動に専念するため芸能界を引退。同年12月には教団幹部らと共に信徒ではない実の娘を拉致・監禁する事件を起こし、95年5月に逮捕、懲役2年・執行猶予4年の判決を受ける。拘置中にオウム真理教を脱会した当時のことについて、12年の『女性セブン』(小学館)のインタビューで、「真面目に生活していたつもりが、気づいたら留置場でマスコミから鬼母と呼ばれ、どういうふうに死のうかと考えていた。娘が信者から薬物注射を受けていたことを知って目が覚めた」と赤裸々に告白している。

 芸能界では洗脳された人物が好奇の目にさらされるが、ターゲットとなるのは芸能人だけではない。宗教、霊感商法、ネズミ講など、一般社会にも洗脳ははびこっている。気づかないうちにマインドコントロールされていた……なんてことのないように注意して欲しい。
(小田三平)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

辺見マリだけではない! 洗脳報道で悲惨な道を辿った女性芸能人3名!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル