操縦室でパイロット同士が殴り合い!? 飛行機の「危うい操縦」が各地で報告される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 また喧嘩ではないが、大統領を乗せた航空機の副操縦士が計器パネルにコーヒーをこぼし、それを拭き取ろうとして誤って緊急ボタンを押したため、航空機が急降下するトラブルがセルビアで起きている。

 去年3月、マレーシア航空370便が突如消息を断ち、世界中を驚かせた。今年7月、ようやくフランス領レユニオン島で一部残骸が発見されたが、今現在、同機の乗員・乗客の行方はわかっておらず、墜落原因も判明していない。これも仮に、操縦士同士のいざこざだったりしたら、被害者の家族も非行(飛行)に走るかもしれない。

マレーシア航空機はなぜ消えた

B747ジャンボ機乗務時間世界一の元機長が、航空史上最大のミステリーを解き明かす!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。