「私はクージャ神!キリストを創造した」“ロシアの麻原”、逮捕される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ロシアとオウム真理教は実に密である。1984年、“オウム神仙の会”という名で設立し、87年に“オウム真理教”に改名。国内での布教活動と共に、92年にロシアへの大規模な進出を試みた。93年頃から、ロシアにおけるオウム真理教の教勢は一気に拡大、入会者5万人ともいわれるほどとなった。

 日本国内におけるオウム真理教のイメージは最悪であり、「なぜ5万人も入会する人がいたのか」と不思議に思うことだろう。しかし当時、ロシアにとって日本は先進国として良いイメージがあった。オウム真理教は多額の金銭を武器に有力政治家に取り入り、テレビ番組の枠を買うなどしてイメージを形成。教勢の拡大に成功し、複数のロシア支部を設立していったのである。

 結果的に教祖・麻原彰晃もとい、松本智津夫が95年に逮捕され終焉したかに見えたが、2000年にはロシア人信者の松本智津夫死刑囚奪還を図るテロ未遂事件“シガチョフ事件”も起きている。また、オウム真理教は“Aleph(アレフ)”の名でいまだ活動を続け、ロシア語の公式サイトも設けてある。ポポフ容疑者の逮捕で、“クージャ神のセクト”の信者がそちらに流れなければいいが……。

〈オウム真理教〉を検証する: そのウチとソトの境界線

しょーこーしょーこー しょこしょこしょーこー

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。