これは酷い! 嵐の宮城ライブ、近隣住民にとっては“悪夢の再来”だった!?

関連キーワード:

,

,

これは酷い! 嵐の宮城ライブ、近隣住民にとっては悪夢の再来だった!?の画像1

 9月19~23日のうちの4日間、宮城県・ひとめぼれスタジアム宮城で行われる嵐のコンサートが東北に与える〝影響〟が、各所で懸念されている。宮城県では8年ぶりの嵐単独コンサートは、「震災復興」の大義名分の下に大々的に開催される。だが、近隣の住民たちにとっては〝悪夢の再来〟でしかないという。前回、2007年8月、宮城県・ホットハウススーパーアリーナ(現セキスイハイムスーパーアリーナ)でコンサートが行われた時、東北を訪れた嵐ファンたちの〝迷惑行為〟が横行したというのだ。


■民家のトイレに奇襲

「市街地から会場まではほぼ一本道なのですが、コンサート前には大量のファンがレンタカーなどの車で会場に向かうため、大渋滞になります。それだけなら仕方ないのですが、途中でトイレに行きたくなったファンたちが、地元住民の家に押し入り、用を足すんですよ。比較的、親切な農家の人たちが多いので、トイレは簡単に借りれるのですが、トイレを済ませた後に、ツイッターなどで『この家、トイレ借りれるよ~』『会場に行く途中はこの家が便利 ! 』などとアップし、ファン同士で情報を共有したんです。結果として、一般住民の民家に、大量のファンが押し寄せる結果となってしまった。あまりに殺到したため、トイレが詰まってしまい、甚大な損害が出た家庭もあると聞きます。中には、やむを得ない事情でファンの侵入を拒んだ住民に対し、『トイレくらい貸してよ ! 』と逆ギレするファンもいたらしいですよ」(芸能事務所関係者)

 今年は、4公演で延べ20万人を動員する予定で、規模は前回をはるかに上回る。ひとめぼれスタジアムはセキスイハイムスーパーアリーナと距離が近く、前回同様の事態が発生する可能性は十分ある。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ