嵐の宮城ライブでは実はスタッフたちも宿泊ホテルを予約できなかった!!

関連キーワード:

,

嵐の宮城ライブでは実はスタッフたちも宿泊ホテルを予約できなかった!!の画像1

 5連休のシルバーウィークに宮城県において開催された人気アイドルグループ嵐のライブ。

 このライブは開催発表の直後から現地のホテルに宿泊予約が殺到して予約システムがパンク。同時期に予定されていた他のイベントも影響を考慮して、日程を変更するなど、良くも悪くも話題となった。だが、実はライブの制作や運営に関わるスタッフから、それ以上に驚くべき情報を聞くことができた。

「チケット確保前からホテルを取るなど、嵐ファンにとってはチケットとともに宿泊先の争奪戦が繰り広げられていましたが、実はこれはスタッフも同じなんです」(ライブ技術スタッフ)

 スタッフも同じとは一体どういうことなのか。

「ライブの日程がジャニーズ事務所から発表されて嵐ファンはその事実を知ったと思いますが、ライブに関わるスタッフもマスコミ経由で発表された情報でライブ開催を知ったケースが多いんです。さらに、ライブ開催を告知したあとに参加が決まったスタッフも多いため、そこからホテルを取ろうとしてもすでにファンの方々がホテルを押さえている状態で、自分たちのホテルが無かったのです」(同)

 これが事実ならば驚きだが、一般への告知を行う前にスタッフには知らされないのだろうか。

「通常は知らされることが多いですし、知らされない場合には事務所のほうで部屋を押さえておいてくれるんですが、今回に関しては完全に後回しでしたし、事務所でも押さえていなかったです。事務所もここまで宿泊先が無くなるとは考えていなかったようですね。でも、宮城は普段ライブを行っている場所ではないために、どんなホテルがどこにあるのかもわからない状態でしたから、早めに知らせてほしかったです。部署によっては、全員がホテルに泊まれる予約ができないままに本番を迎えるケースもありましたよ」(同)

 このような状況はセットを作る美術スタッフ、カメラや音声を担当する技術スタッフ、映像を収録する映像スタッフなど、各部署において同様に起こっているという。しかし、このような状況でスタッフは現地滞在中、一体どこで寝るのだろうか。

「なんとか遠方にホテルを確保しているケースもありますが、本番が終わった後も調整作業などがありますので、ホテルに戻るのは深夜になることが多いのです。そのため、遠方まで帰ってわずかな時間しか寝られないならば、そのまま会場の床で寝たほうがマシと考えているスタッフも多く、会場宿泊が多いです」(同)

 嵐ファンにとっては、今回のライブにおける宿泊先確保で苦労した方も多いだろうが、実はライブの裏方たちも苦労しているようだ。
(文=吉沢ひかる)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

嵐の宮城ライブでは実はスタッフたちも宿泊ホテルを予約できなかった!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル