AKB内で島崎批判を繰り返す指原、外部からの圧力…!! 今年の「レコ大」めぐる黒い噂!!

関連キーワード:

,

,

「『僕たちは戦わない』の累計売上は、オリコン発表で175万枚前後ですが、レコード会社側の公式出荷300万枚でこの数字は、常識的にあり得ません。実際は、少なくとも260万枚以上は売れているらしいですよ。『僕たちは戦わない』には、選抜総選挙の投票権(=シリアルナンバー)も同梱されているのですが、総選挙の集計システムをもって集計しても、本当の売上枚数が260万枚を越えているのは明らかになっているようです」(テレビ局関係者)

 久々のダブルミリオン達成曲となれば、レコ大受賞にむけて大きなハクが付くというものだが……。

「今のところ、歴史上一番最後のダブルミリオンシングルは、SMAPの『世界にひとつだけの花』です。この記録を、握手会商法のAKB48に塗り替えられてはたまらないと、ジャニーズ事務所が全力で阻止しているらしいですよ。『僕たちは戦わない』がダブルミリオンをとりそうになった時、オリコンに対してかなり圧力をかけたと噂なんです。雑誌の表紙やインタビューでジャニーズタレントたちに頼り切っているオリコンは、圧力に簡単に屈して、AKB48の売上を大きく“下方修正”したんですよ。数万単位の数字の操作ならともか
く、実際より90万枚近く低いチャート発表ですから、他のレコード会社関係者たちもさすがに驚いていましたよ」(同)

 結果的には、ジャニーズがライバルのEXILEグループに助け舟を出しているという、皮肉な構図になっているようだ。レコ大奪還を目指すAKB48は、“センター間の確執”で揺れている場合ではないのかも。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ