【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 私たちの日常生活を送る上で、必要不可欠な体の部位はいくつもあるが「舌」について考えてみた事がある人はどれだけいるだろう? 舌がないと言葉を発したり、物を食べるといった当たり前の行為が困難になる。今回は9月11日付の「Medical Daily」に掲載された4つの症例を紹介したい。人間の肉体の中で最も強い筋肉を持つと言われる舌が、病にかかるとどうなるかを見ていただこう。


■色も形も衝撃的! 舌に関する4つの症状とは?

●地図状舌(ちずじょうせつ、Geographic Tongue)

【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?の画像1確かに世界地図のよう 画像は「Wikipedia」より

 れっきとした病気ではあるが、この症状の救いは無害である事だ。感染症やガンなどに進行するものでもない。悪いところを挙げるならば、口を開けた時に舌の表面がまるで世界地図の様にまだらになっていることだろうか。

 通常、舌は乳頭突起と呼ばれる極めて小さなピンクがかった白い突起物に覆われている。この乳頭突起が失われた部分が赤くツルツルしているように見えることから、舌が地図のようにまだらに見えるのだ。治ったかのように見えても、実は舌の上を移動しているだけで治癒していないケースもあるという。

 性別年齢は関係なく罹患すると言われているが、幼児と女性に多く、地球上の人口1~3%程が影響を受けるようだ。原因は不明で自覚症状もほとんどなく、治療しなくてもいつの間にか治癒することがほとんどだが、稀に痛みを感じたり炎症を起こす場合もある。治療薬として痛み止めや抗炎症薬を歯科医院や口腔外科で処方してもらうことが可能だ。


●黒毛舌(こくもうぜつ、Black Hairy Tongue)

【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?の画像2インパクトならば何にも負けなそう 画像は「Wikipedia」より

 いくつかある舌の病気の中でも際立って目立つ症状であろうこの黒毛舌は、その名の通り舌に黒い毛が生えているように見える。驚く事に地図状舌同様に体に害はなく、一時的なものだ。目を疑うような見た目の黒い物体は、口の中にバクテリアや細菌が繁殖し、それらが乳頭突起の上に蓄積されたものだと考えられている。これが原因で乳頭突起が通常の15倍の長さにまで伸びる事もあるため、毛が生えているように見えるのだ。

 また、黒毛舌の原因として考えられるものは、喫煙やコーヒーの大量摂取、水分をあまり取らないために口の中が乾いていることなどだ。抗生物質を常用、または長期にわたって服用している事も、黒毛舌になる原因の一つだと指摘されている。

 見た目は酷いものの、簡単に処置できるので安心しても良さそうだ。水分補給を常に心がけるとともに、舌の隅々まで専用のブラシなどで磨き、口腔内を清潔に保つというシンプルな対処方で、黒い舌とさよならできるのである。また喫煙を止めることは、体と同様に舌だってきっと嬉しいはずなのだ。

●溝状舌(こうじょうぜつ、Fissured Tongue)

【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?の画像3直視したくないような… 画像は「Wikipedia」より

 この症状は舌の表面に多数の溝が出来たか、あるいは舌がひび割れた状態である。それぞれの溝は深さも幅も様々であり、しばしば舌の表面中央に際立ったひび割れが見られる。溝状舌は地球上の人口約5%の割合で罹患すると言われており、高齢者や男性に多く見られる。原因は不明だが遺伝による先天性の症例もあるようだ。さらに、溝状舌に罹患する人は地図状舌も持っている事が多い。

 そしてダウン症を持つ児童の80%に溝状舌が見られるという。この症状もほかの症状同様、害はなく治療は必要ないとされているが、舌苔がたまりやすく不潔になりやすいため、口の中を清潔に保つことが肝要だ。


●白板症(はくばんしょう、Leukoplakia) 

【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?の画像4白いつぎあてのような物がハッキリ見えるが虫歯もかなりのもの 画像は「Wikipedia」より

 白板症は頬の粘膜、歯ぐきや舌に分厚く白いつぎあてのような部分が見られる状態を言う。しかし白くなった部分はこすったり削り落とすことはできない。こちらも原因は分かっていないが、医師たちは喫煙が症状を悪化させると指摘している。

 白板症は通常危険ではないが、癌の初期段階に関わりがあり、この白板症のある部分のすぐ横にがん細胞が見つかることも多く、今回紹介した4つの症例のうち、一番深刻な症状だと言えよう。確実な治療法は病変の切除だが、がんへと進行しなければ治療する必要はないと言われている。しかし、もしも何らかの異常に気が付いた時は是非、歯科医か口腔外科を訪ねることをおすすめしたい。


 口を開けなければ気づかない舌の異変だが、いくら無害だからと言って黒や白の舌を放置しておくのはいかがなものか。今日からは歯を磨く度に舌もきちんと確認しなくては、と画像を見ながら思うのだった。
(文=清水ミロ)


参考:「Medical Daily」、「WHO」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【閲覧注意】奇妙でグロい「舌の病気」4選! 放置したら重病に…?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル