口が閉じたまま生まれた女の子 ― 食べることも話すこともできず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■手術成功も今後も段階的に手術が続く

 そしてアメジストちゃんが3歳になった時、グランゴ医師はついに手術に踏み切った。今年初めに行われた手術は8時間にも及び、アメジストちゃんの口はやっと部分的に開いた。父親のローランドさんは、「手術から戻って来た時、アメジストは何も言えなかったけれど、私たちは彼女が痛みに苦しんでいることがわかりました」とつらい記憶を語る。

 医学的に手術は成功だったが、回復には長い時間がかかった。そして彼女の口は部分的に開いたものの、顎の骨がとても脆いので今のままでは食物を噛むことが不可能だということもわかったのだった。

 2カ月前、アメジストちゃんは次のステップである顎の骨を形成する再手術を受けた。ローランドさんとエストレージャさんがひたすら願うのは「娘の口が完全に開き、話す声を聞きたい」ということだ。

oromandibular2.JPG画像は「YouTube」より

 再手術から2カ月が過ぎアメジストちゃんは集中治療室からは出たが、未だ入院中である。そして今後、少しでも何かが食べられるようになるよう、歯の移植手術も必要になることが予期されている。

 アメジストちゃんが家族の元に戻って普通の生活ができるまでには、まだまだ長い道のりが必要だ。しかし、暖かい家族に囲まれたアメジストちゃんの表情は決して暗くない。こんなつらい状況の中でも人に微笑むというアメジストちゃんは、口が利けるようになったら何を話すのだろうか。再手術の成功、そしてアメジストちゃんが、アイスクリームを食べられる日が一日も早く来ることを切に願う。
(文=三橋ココ)

「Girl Born with Sealed Mouth, No Hands, No Feet- Amethyst Santos」 動画は「YouTube」より

参考:「Daily Mail」ほか

コメント

2:匿名 2016年2月24日 15:46 | 返信

俺もスマホからだけど
確認のページは
別に何も被らなかったよ?
ただ時たまページを進める時に
一瞬だけ確認のページが出て
もとに戻る
只、それだけww

1:匿名 2016年2月16日 23:16 | 返信

スマホからだけど、
閲覧yes noの選択肢にヤフーの広告被せるのやめーや!
一回間違えてクリックしただけでヤフーアプリのページがウイルス並みに立ち上がってくるので発狂寸前になったわ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?