英国「大麻の森」発見で蒸し返される嵐・大野智の“大麻吸引疑惑”報道

 昨今では医療用としても注目を集めている大麻。とは言え周知の通り、日本では違法とされており、お目にかかる機会も少ない。その大麻が、イギリスの首都・ロンドンにて“森単位”で発見されたのだが、世間からは驚きの声はあまり聞かれないようだ。

 ガンジャ、マリファナ、カンナビスなど、国や地域によって呼び方もさまざまな大麻。多幸感をもたらすなどの作用を持つTHC(テトラヒドロカンナビノール)を摂取するものは、乾燥大麻と大麻樹脂の2種類に分かれる。また、乾燥大麻に関してはさらに枝分かれし、大麻の葉をリーフ、花穂をバッズと呼ぶ。なおリーフに比べ、バッズのほうがTHC含有率も高く、愛好家の嗜好品となっている。ただ、チョコやハッシュなどと呼ばれる大麻樹脂のほうが、樹液を圧縮したものであるがゆえ、乾燥大麻を吸うより効き目も強い。

 大麻の摂取方法も、タバコの巻紙に巻いたジョイント、パイプ、ボング(水パイプ)など実にさまざま。外出時にはあらかじめ用意したジョイントが便利であり、大麻本来の味を楽しむならパイプ、無駄なく吸い込むのであればボングと、この辺はすべて使用者の好みとなる。また、ケーキやクッキーなどに大麻を混ぜ、胃から摂取する方法もありだ。

 大麻が有名な国と言えばオランダ。日本におけるコーヒーショップはスターバックスやドトール、喫茶店などを思い浮かべるが、大麻が合法化されているオランダは違う。個人使用のために大麻を販売する小売店をコーヒーショップと呼び、コーヒーショップ目的に訪れる外国人観光客は多い。

 今回、サッカースタジアムほどの面積の“大麻の森”が発見されたイギリスは、多くの国と同様に大麻は違法となるが、取り締まりは消極的だ。2001年には、より重大な犯罪に時間を割くほうが賢明との判断から、ロンドン警視庁は「少量の大麻所持および使用は逮捕に値しない」という見解を示している。また同年、イギリス初のコーヒーショップ・Dutch Experience(オランダ体験)をオープンし、国内に住む愛好家を喜ばせた。

英国「大麻の森」発見で蒸し返される嵐・大野智の“大麻吸引疑惑”報道のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル