中国製毒飲料が原因か!?  毎日コーラだけを飲み続けた5歳児、14本の乳歯が抜け落ち「まるで老人」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,


 今年5月には、25歳の男性が3~4歳からコーラを習慣的に飲み続けたことが原因で酸蝕歯が進行し、現在までに10本の歯を失ったと報道された。男性は販売側がコーラを飲み続けるリスクを明言していないとして、飲料メーカー大手2社を相手取り、医療費と慰謝料合わせて1万7,000元(約34万円)の支払いを求める裁判を起こした。ネット上では、「メーカーに責任転嫁するな」との批判も巻き起こっているが、中国ではコーラをはじめとした炭酸飲料による健康被害が広がりつつあるのも事実だ。

 中国在住フリーライター・吉井透氏は、続発するコーラ歯についてこう話す。

「いずれの記事にもコーラのメーカー名は書かれていませんが、その消費量からしてコカ・コーラやペプシの半額ほどで売られている中国ブランドでは。中国ブランドのコーラは、飲んだ後に歯がやたらキュッキュしてくるのが特徴。糖分も世界的ブランドのものよりもさらに高いので、飲んだらすぐに口をゆすがないとヤバイでしょう。もちろん、飲まないのが一番ですが……」

 歯を溶かすほどの強烈な成分が含まれているとすれば、体のほかの部位にもに有害である可能性が高いだろう。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。