妻夫木聡、“性的エステ疑惑”報道でイメージ崩壊! 風俗に通う芸能人たちの今

 はじめから性的なことをしたいならば、風俗嬢を呼べばいいと考える人もいるだろう。疲れている時に美人からマッサージを受けたいと考え通ったり呼んだりしているうちに、ハマってしまう者も多いという。また男性芸能人は、メンズエステ以外の“風俗”に通っている人も多いと芸能ライターが教えてくれた。

「行かない人のほうが少ないでしょうね。ですが、彼らにもふたパターンあって、ひとつは芸能人であることをひた隠しにする人。イケメン揃いのJ事務所では、隠す人が多いですね。K・Sくんは性風俗店で“プレイ”中ですら、マスクとサングラスを外さなかったという笑い話があるほど(笑)。そして、もうひとつは、芸能人であることをアピールしまくる人たち。この人たちは、性風俗はおろか、キャバクラなどの性的サービスがない店舗ですら、過激なサービスをお願いしてくることもある。俳優のA・GくんやO・Sくん、などが代表的ですかね」(芸能ライター)

 だが、このライターがあげた芸能人たちは容姿が整っている者が多かった。風俗で遊ぶことなどせずに、一般人といくらでも出会えるはずだ。

「合コンの空気感が好きという人もいますが、やはり結局のところ本命は別にいて、“遊べる”女の子を捕まえに行くのがほとんど。それだったら、かわいい子が来るかどうかがわからない合コンに出向くより、容姿が整っている女の子が集まっている店に行ってひっかけた方が手っ取り早いですからね」(前出・同)

 女遊びも芸の肥やしとはよく言うが、あまりオイタが過ぎると、後々大きな問題になってしまう恐れもあるだろう。特に、妻夫木のように爽やかなイメージが売りならなおさらだ。せめて決められたルールくらいは守ってもらいたいものだ…。
(文=利賀高次)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ