この心霊写真は稀に見る傑作!! 本当にクッキリ写った「エロオヤジの幽霊」!

SpookySpa_2.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 オーストラリア・クイーンズランド州は、心霊現象が多発する地域として世界的に知られている。さすが、オカルト大国イギリスの旧植民地だけのことはある。これまでもトカナは、同地で発生した心霊現象の数々を追いかけてきたが、その事件簿に新たな1ページが加わった。なんと今回、家族の大切な時間を邪魔する“エロオヤジの幽霊”が出現したというのだ!

 現地メディア「Warwick Daily News」が報じたところによると、その心霊現象は今月16日、娘の21歳の誕生日を祝うためリゾート施設「ラグーンズ1770」に滞在していた一家に突然降りかかった。日も暮れ、ジャグジーでくつろぐ母親のティーナ・フリートウッドさん、そして主役である娘とその夫。最高の時間を記憶に残そうと、父親は3人の姿を写真に収めたのだった。ところが後になって確認してみると、ジャグジーに招かれざる客の姿が写り込んでいたのだ。

SpookySpa.jpg画像は『Warwick Daily News』より

 笑顔でピースサインを見せるティーナさんの左に、頭頂部がハゲた中年の男がいる! しかもこの幽霊は、親しげにティーナさんに寄り添っているではないか!! その時ジャグジーにいたのは確かに3人で、ほかの存在の気配すら感じなかったという。

「恐ろしいことに気づいてしまったの。幽霊が私の肩に腕を回しているじゃない!」
「これが誰だったのか気になって仕方がないわ。蒸気と光による錯覚? でも、よく見れば見るほど、男の顔や髪の毛がクッキリとわかるじゃないですか」
「本当に信じられません。家族みんな仰天していますわ」

 こう語るティーナさんは、次の日に再びジャグジーで何枚も写真を撮ってみたという。しかし、この“エロオヤジの幽霊”が再び姿を現すことはなかった。しかし、一家が恐怖に打ちひしがれているかと言えば、そうでもないようだ。

「恐れてはいませんわ。素晴らしい週末を十分に満喫いたしましたから」

 普段から心霊現象に接しているクイーンズランド州の人々は、心霊写真程度で肝をつぶすことはないようだ。いや、むしろ彼ら自身も気づかぬうちに、幽霊たちとの共存が実現しているのかもしれない。今後も、クイーンズランド州から発せられるオカルト話から目が離せない。
(編集部)


参考:「Warwick Daily News」、「The Daily Mail」、ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ