毎度、批判の対象となる漫画実写化! 業界人が選ぶ「実は秀逸な作品」とは?

関連キーワード:

,

,

,

1015yamikin_main.jpg※イメージ画像:『闇金ウシジマくん Season2 DVD BOX』(SDP)

 日々たくさんの映画やドラマが発表されているが、その中で近年多くなっているのが“漫画原作の実写化作品”だ。根強い原作ファンが多い作品もあることから、制作やキャストが発表されると「イメージと違う」として、バッシングの対象になることもある。しかし、一方で評価が高い漫画原作の映画やドラマもあるはずだ。

 一体どのような作品が高い評価を受けているのか、業界人に話を聞いた。

 まずはドラマ関係者が話を聞かせてくれた。

「たしかにどれをドラマ化しても批判される感がありますが、評価しても良いと言える漫画原作ドラマもありますよ。自分の中では『闇金ウシジマくん』(TBS系)は高評価の部類に入ります。山田孝之をあのキャラクターに持ってきたことは、素晴らしい、の一言に尽きます」(ドラマ関係者)

 同作品はその後、映画化もされていることから世間的にも評価は高いと言えるだろう。また、同じく山田が出演した映画も名前が挙がった。

「小栗旬さん主演の『クローズZERO』ですね。映画化が発表されたときには、かなり批判もありましたが、蓋を開けてみれば漫画以上の世界観を楽しませてくれました。原作者も映画を気に入ったみたいで、映画の世界観に原作漫画が引っ張られて、絵のタッチなどが映画に似てきたと言われるほどです」(映画関係者)

 たしかに、この映画を見ている中で、期待を裏切られた感じは皆無であった。続いて聞いたのは同じく映画業界の関係者だ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ