“ゾンビ祭”中に銃撃事件 死亡した男性に対し「ゾンビなんだから無罪でいいだろ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1510_zombie_02.jpg画像は、「NEW YORK POST」より。動画はリンク先に

 2012年12月、コネティカット州の小学校で起きた児童ら26人が射殺された銃乱射事件。同事件の現場で自殺したアダム・ランザ容疑者は、戦場を舞台にしたガンシューティングゲーム『Call of Duty』(ACTIVISIONなど)で遊んでいたとされ、当時「ゲームが与える悪影響」が問題となった。また、2009年3月にドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州の実業中等学校で起きた、生徒を含む15人の死亡者を出した銃乱射事件(ヴィネンデン銃乱射事件)の犯人(17歳少年)も、『Far Cry 2』(UBI Soft)というゲームに夢中になっていたとされている。

「ZombieCon」で起きた犯人はいまだ捕まっておらず、原因などは不明だが、多くの人が指摘するように、ゲームによる影響で事件を起こしてしまったのだろうか。もしそうであれば、ハリウッドで映画にもなっている日本のサバイバルホラーゲーム『バイオハザード』(カプコン)に非難が集中してしまいそうで怖い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。