太田光が「年始にNHKで政治ネタやる」宣言! フジの安保漫才で噛んだリベンジ? 腰砕けを不安視する声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 ここでの大オチは「って言ったあと、SP5〜6人囲まれて帰って行った。お前が守られてるじゃねえか!」というものだったが、この肝心なところで太田は噛んでしまったのだ。

 そのため、ネタが終わると舌を出して「噛んじゃった」と弁解し、舞台裏でも「安倍総理の滑舌が悪いって言ったのに、俺が……。すいません、安倍さん」とカメラに向かって謝罪。さらに前出のラジオ番組でも「噛んじゃったどころの騒ぎじゃないよ。ボロボロだよ。ちきしょー!」と言い、その悔しさの理由をこのように述べた。

「とくに安倍さんの滑舌を茶化してるところだったから、俺が噛んじゃうと台無しになっちゃう。そのプレッシャーもあったの」

 太田は「本当にイヤだ。俺、自分を本当に殺したい」とまで言い、心底後悔しているようだった。たしかにネタの肝で噛んでしまったことは大ミスだし、本人が悔やむのもよくわかる。

 ただ、このネタをテレビでやったこと自体は、評価していいのではないか。たとえば、安倍首相がテレビに出演し集団的自衛権の行使をアメリカの火事に喩えて、その説明のバカバカしさと持参した模型の火事の煙が生肉にしか見えなかったことから、ネット上では「生肉総理」と壮大にからかわれていた。世間の目からすれば、あの喩え話はあらゆる面でツッコミどころが満載だったわけだ。

 しかし、そんな“おいしいネタ”を、ワイドショーはもちろん、テレビで芸人たちが取り上げることはなかった。はっきり言って、安保法制の国会論議はネタの宝庫だった。昔なら、安倍首相のヤジ問題や、人間かまくらの強行採決、キャラ立ちが激しいヒゲの隊長のかまくらパンチ場面などはすぐさま笑いとして、漫才やコント、トークのネタとして重宝されていたはずだ。

 だが、そんなことは今回、たった一度としてなかった。唯一、NHKの『LIFE!人生に捧げるコント』が、樹木希林をコントに登場させ、番組のキャラである宇宙人総理に対し、「総理大臣だからって何でも思い通りになると思ったら大間違いだよ」と安倍首相を暗喩するかのように言い放った場面くらいだろう。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。