「UFOに吸い込まれる」状態が科学で実現される?「トラクター・ビーム」研究がアツい!!

関連キーワード:

,

,

,

■世界を一変させる新技術となるか!?

 さて、研究者たちは企業の力を借り、高性能スピーカーを64台つないだシステムを作り上げ、実際に物体を動かす実験に成功した。成功したと言っても、今はまだ直径5mmほどの軽いポリスチレン製のボールを、宙に浮かせたに過ぎない。

 しかし今後、同じ原理を用いたシステムが小型化し、一層精密化すれば、より大きな物体を動かせるようになったり、産業分野や医療分野での応用も期待されるなど、この技術の将来性は高いようだ。

 なお、現在世界中の科学者たちがトラクター・ビームの研究を競い合っており、日本の落合陽一氏をはじめとする研究グループも、すでに同様の成果を発表している。昨年は、オーストラリア国立大学の研究者が「レーザーを用いたアプローチで実験に成功した」という。もしかすると近い将来、至る所でトラクター・ビームが活躍する世界がやって来るのかもしれない。SFの技術が、またひとつ現実のものとなることに興奮を覚えると同時に、トカナとしては、超能力界に一体どのような変化が起きるのかという点も気になるところだ。
(編集部)


参考:「Live Science」、「nature COMMUNICATIONS」、「WIRED」、
   「Science Newsline」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「UFOに吸い込まれる」状態が科学で実現される?「トラクター・ビーム」研究がアツい!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで