なにかかがおかしい感動話! ミッキー・ローク、銃自殺寸前に愛犬のチワワによって救われる

関連キーワード:

,

,

1511_mickeyrourke_01.jpg画像は、「Page Six」より

 1980年代に『ナインハーフ』『エンゼル・ハート』など数々の話題映画で主演を務め、そのセクシーな魅力で、一躍セックスシンボルとして大スターになったミッキー・ローク(63)。そんな彼が銃で自殺する寸前までいき、しかも飼い犬のおかげで救われたと明かしたことから、日本でも大きな話題を呼んでいる。

 幼いころからマイアミの有名なボクシングジムに通い、モハメド・アリやジミー・エリスといったスーパースターと共にトレーニングを積んだミッキー。19歳で単身ニューヨークへと渡り、演劇を学びながら舞台経験を積み、80年代にはアメリカを代表する俳優となったが、突如1991年にプロボクサーに転向、世界中を驚かせた。

 92年にはプロボクサーとして来日し、試合前からKO勝ちを宣言するなど話題も沸騰。そして見事1ラウンド2分8秒に右フック(?)でのKO勝ちを収めたのだが、「ぺちっ」と音が聞こえそうな軽いパンチで相手が倒れたことに視聴者は驚愕。その微妙に手首の曲がった軽いパンチは「猫パンチ」とからかわれ、日本国内での人気は一気にどん底へと落ちてしまった。なお、本人曰く手首のスナップを効かせたスーパーフックだったもよう。

 その後ボクサーを引退、俳優業に復帰するも目ぼしい作品はなかったものの、2008年に主演した『レスラー』でヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞を受賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞、アカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、華々しい復活を果たした。

 しかし第一線を離れていたその時、ミッキーは重いうつ病を患っていたという。LAで開催された映画上映会に出席したミッキーは、「俺は本当に辛い時期を過ごしていたんだ」とリポーターに語った。「ある日クローゼットに座っていた俺は、我慢することができなくて銃を手にしたんだよ」と、感情的になりながらミッキーは続ける。「そのとき、うちの犬のボー・ジャックが俺を見上げて、『誰が僕のことを面倒見てくれるの?』と目で伝えてきたんだ。それで俺は銃を置いたんだよ」。

人気連載
実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく世の中には、...

人気連載
あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

■あなたと感情 「ある女神が、“周囲には秘密にしているス...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ