【古代遺跡と古代人の謎】豚肉ウマー! ストーンヘンジ周辺住民の“真に優雅な生活”が明らかに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アナザー茂

,

ストーンヘンジ

,

遺跡

■1つのコミュニティとして食料も分け与えて

astone5.jpg
画像は「DailyMail」より

 クレイグ教授が言うには、

ダーリントン・ウォールズからの発掘を含め、先史時代の食事は先に考えられていた以上に大規模なものであることがわかってきました。先にいた住人はもとより、移住してきた人にも食事を分け与えたりして、ストーンヘンジの建造という下に大きなコミュニティが形成されていた可能性が大きく信ぴょう性のあるものへとなってきました。また、郷に入っては郷に従えと、移住してきた人たちも、料理の仕方から、ゴミの処理などを教えてもらっていたようです

とのこと。

 また儀式を執り行っていた場所からも、ミルクを入れていた器が発掘されている。これは、食器として使われていたのではなく、先史時代見知らぬ者を受け入れる儀式に使われていたものだと考えられている。謎に包まれたストーンヘンジでがあるが、実際に築き上げた人々の食事に着眼すると、現代人が忘れている人と人との温かい交流を垣間見ることができるのではないだろうか。

(アナザー茂/アナ茂のこれまでの記事はコチラ
 

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。