不吉な数字は「666」ではなかった! 人類滅亡招く英国王室と数字の謎とは?

不吉な数字は「666」ではなかった! 人類滅亡招く英国王室と数字の謎とは?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■不吉な数字、実は「616」だった!!

 不吉な“獣の数字”といえば、即座に「666」を思い浮かべる読者も多いのではないだろうか? 事実、この「666」という数字は、陰謀論において頻繁に登場する。

 ところが、昨今の聖書研究で驚愕の事実が判明した。なんと、オクシリンコスの遺跡(エジプト)から発見された『ヨハネの黙示録』の紙片を最新の写真技術で解析した結果、実際には“獣の数字”は「616」と書かれていたのだ。では、なぜ「616」が獣の数字なのだろうか? この点についてイギリスの聖書研究家デヴィッド・パーカー教授は次のように答えている。

「これは典型的なゲマトリア(数字置き換えの暗号)の一種です。当時のキリスト教徒たちは、彼らを迫害していた人物の名を数字に置き換えて聖書の中に暗示していたわけです。616は、そのままローマ皇帝カリグラを示しています」

 この発見によって、今まで「666」を“獣の数字”として用いていた悪魔崇拝者たちは、今後「616」を使うように改めるそうだ。米・ニューヨークのサタニスト教会の教父ピーター・ギルモア氏は、次のように語っている。

「666というのは、我々がキリスト教徒を畏怖させるために用いてきた数字です。もしも数字が616だったのなら、もちろん我々はそれを使う」

 陰謀論によると、これまで秘密結社「イルミナティ」は、何か重要な事件を起こすタイミングを6+6+6=18と因縁が深い日時に合わせてきたというが、今後これが変更になるのだろうか?


■聖書が示す“獣”はウィリアム王子か!?

 さて、『ヨハネの黙示録』によると、「616」の“獣”が出現すると、恐るべき世界の終末「ハルマゲドン」がやって来るという。この“獣”が何者なのか非常に気になるところであるが、陰謀論者の間では、とある人物が浮上しているようだ。なんとそれは、妻のキャサリン妃の出産などで華やかな話題に満ちている英国王室のウィリアム王子だという。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

不吉な数字は「666」ではなかった! 人類滅亡招く英国王室と数字の謎とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル