歩きスマホ専用道路から、「盲導人」まで…!? 世界の歩きスマホ防止事情、米国のアイディアが秀逸!

ThinkstockPhotos-78486023.jpg画像は、Thinkstockより

 歩きスマホは今では当たり前のように見かける街の光景となってしまった。誰ものがその危険性を認識しつつも、ついついSNSを見たりして他人にぶつかりそうになったという経験、一度はあるのではないだろうか?

 愛知工科大学工学部情報メディア学科の小塚一宏教授によれば、歩きスマホの歩行時の視野は通常の約20分の1しかないそうだ。今年になって歩きスマホが原因でトラブルになり、駅のホームから男性が線路に突き落とされるという事件まで起きている。

 こうした歩きスマホに関するトラブルはもはや日本だけの話ではない。海外ではこの歩きスマホに対してより具体的な対策がなされている。

■日本以上に歩きスマホが深刻なアメリカ

iPhoneの祖国アメリカでは日本よりさらに深刻な社会問題となっている歩きスマホに関連した死亡事故は日本と比較にならない数字なのだ。

 アメリカ合衆国運輸省がまとめた統計によれば、歩行中に歩きスマホが原因で死亡した人数は、2009年には4109名だったのが2011年には4432名と増加している。アメリカ・オハイオ州立大学の研究によれば2015年はこの倍になっているだろうとみている。

textwalking1.jpg画像は「YouTube」より


■歩きスマホの“意外な”危険性

 ABCニュースでは実際にあった、こんな“意外な”危険も指摘している。

・通行中に壁に気づかずドアに衝突
・熊の存在に気づかず大慌て
・折角街頭に立っているピエロが無視され続けた

 筆者も去年アメリカに行った際、かなりの人が歩きスマホをしながらAppleのCMさながらにイヤホンで音楽を聞きながら歩いているのを見て、日本以上に日常化しているのだと感じたほどだ。歩きスマホ、英語では「text walking」または、「text while walking」となるが、Twiiterの検索ワードに入れてみると日本以上に皆が問題視し始めていることが分かる(興味有る方はこちらを参照)。

textwalking2.jpg画像は「YouTube」より

 ABCニュースでは最後に、「イギリスでは歩きスマホの人が街灯にぶつかって怪我をしないように、クッションを巻いているんですね」と、皮肉なのか苦笑気味に番組をしめた。

※次ページ、具体的な対策は? まさかの「盲導人」も!

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ