『悪魔のいけにえ』殺人鬼・レザーフェイスを怪演したガンナー・ハンセン氏死去も「素顔分からん」の声

『悪魔のいけにえ』殺人鬼・レザーフェイスを怪演したガンナー・ハンセン氏死去も「素顔分からん」の声の画像1画像は、『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』サイトより

 今月7日、傑作ホラー映画『悪魔のいけにえ』で殺人鬼・レザーフェイスを演じた俳優ガンナー・ハンセンが亡くなった。この訃報に、世間からはレザーフェイスの好演を称える声や悲しみの声が上がったのだが、なぜか「好きだったんだけど顔が思い出せない…」という声が。

 アイスランド・レイキャビク出身のハンセンは、トビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』で1974年に映画デビュー。チェーンソーで次々と若者たちを血祭りにあげていく殺人鬼・レザーフェイス役で好演を果たし、シリーズやリメイク作品が生まれるほどの人気作に。2013年には『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』にも特別出演、さらに『悪魔のいけにえ』の製作秘話を綴った回顧録「Chain Saw Confidential」を出版して話題を呼んだばかりだ。

 ハンセンのエージェントによれば、40年にわたりアメリカのメイン州で俳優や作家として活動していたというハンセンだが、現地時間の今月7日、すい臓がんのためこの世を去った。この訃報に日本からも「ご冥福をお祈り致します」「尊敬していた名優だけに凄く残念」と悲しみの声が多く上った。しかし一部からは「素顔が分からん…」「ほとんどレザーのマスクをしていたから顔を覚えてない…」などの声が。

「ハンセンは『悪魔のいけにえ』で、人の皮で作ったマスクをかぶった、殺人鬼レザーフェイスを演じました。たしかに狂気的な演技で完成度の高い映画だったのですが、ハンセンの素顔は出てきませんからね。その後出演した『デビル・マスター』や『女切り裂き狂団チェーンソー・クイーン』は劇場未公開ですし。でも、2009年に公開された『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』では、ハンセンが演じたペートゥル船長がシーシェパードの代表ポール・ワトソンに似ていると話題になったこともあるんですよ。まぁ『悪魔のいけにえ』の印象が強すぎますから、『顔がわからない』と言われるのも仕方ないのかもしれないですが…」(映画ライター)

『悪魔のいけにえ』殺人鬼・レザーフェイスを怪演したガンナー・ハンセン氏死去も「素顔分からん」の声の画像2ガンナー・ハンセン。画像は、「Wikipedia」より

 68歳の若さで亡くなったガンナー・ハンセン。今回の訃報に対して「悪魔のいけにえを見て以降、ホラーを片っ端から見たが、悪魔のいけにえが凄すぎて何見ても物足りなくなってしまった」「ガチで気持ち悪くなるくらい怖いよな」など、あらためて称賛の声が上がっている。

 心よりご冥福をお祈りします。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

『悪魔のいけにえ』殺人鬼・レザーフェイスを怪演したガンナー・ハンセン氏死去も「素顔分からん」の声のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル