買春した男性をカモに「罰金払え!」 中国で多発する、偽警察による“売春取り締まり”詐欺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,


 また、10月27日には、湖北省荊州市の開発区で働くブルーカラーの男性が、白バイ隊員を装う2人の男に1,000元(約1万9,000円)をだまし取られた。オートバイで移動中に停車を促され、売買春に関する捜査だと告げられたのだという。男性は以前、友達とマッサージ嬢を買春したことがあったために、罰金5,000元(約9万5,000円)と15日間の勾留だと脅され、泣く泣く手持ちの1,000元を渡したという。犯人の男たちは、カモとする男性を見つけては「以前に買春したことがあるだろう」適当に声をかけていたようだ。

 公安当局は「警察手帳で判断するのは難しいが、現場で違反金を徴収したりすることは決してない」として、安易に現金を渡さないよう注意を呼びかけている。

 中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏によると、頻発する偽警察による詐欺事件には、この国特有の事情があるという。

「手帳や制服といった偽警察グッズが容易に手に入るということもありますが、一番の理由は、ホンモノの警察官の素行が悪いこと。日本なら、警察官が罰金をその場で減額したり、罰金をチャラにする代わりに袖の下を要求したりすることはありませんが、中国ではよくある。そのため、偽警察官が同様のことを行っても、誰も怪しまないんです」

 ニセモノは、ホンモノの写し鏡ということか……。
(文=牧野源)

関連記事

    人気連載
    あなたに良縁をもたらす恋のキューピッドがわかる4択占い! イニシャルも判明、Love Me Doが本気で断言!

    あなたに良縁をもたらす恋のキューピッドがわかる4択占い! イニシャルも判明、Love Me Doが本気で断言!

    ■あなたとあの人の“キューピッド”は? 「次のうち、気に...

    人気連載
    【閲覧注意】人肉を食べた人を見分ける方法が簡単すぎる!“隣のカニバリスト”発見法を亜留間次郎が科学的に解説!

    【閲覧注意】人肉を食べた人を見分ける方法が簡単すぎる!“隣のカニバリスト”発見法を亜留間次郎が科学的に解説!

    【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。