【宇宙人特集】火星の前世記憶もつ2歳少年が語ったレムリア人の謎と地球滅亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

■火星移住計画

1120kaseijin_main02.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 オランダの民間非営利団体が企画している火星永住計画が話題になっている。2025年までに人類初の永住地を火星に作るのか目的だ。しかし、火星移住計画はもっと前から極秘で進められていたという。

 それが、環境生態学者・弁護士アンドルー・バシアゴとアイゼンハワー大統領の孫娘ローラ・M・アイゼンハワーによって暴露された超極秘事項「ペガサス計画」である。

 1960年代の終わり頃、アメリカはすでにタイムトラベルの実験に成功。そして、その技術を使って月や火星にテレポーテーションしていたという。その時、火星にはすでに秘密基地が建設されており、すでに5万人規模の移住が進んでいたそうだ。そして、現役大統領バラク・オバマは、若き頃火星にテレポーテーションをしており、ペガサス計画にも参加していたという。

 単なるオカルト陰謀論ですむ話かもしれないが、昨年キャプテン・ケイと名乗る米・元海兵隊員が地球防衛軍士として17年間、火星の軍事基地に配属されていたと告発。彼は火星生物と死闘を繰り広げていたと訴えた。この証言はペガサス計画を裏付けるものとなるだろう。

■地球は火星人たちの実験場だった?

 もしや地球の支配層は何十年も前から異星人とのコンタクトを取っていたのだが、その事実をひた隠しにしてきたのではないだろうか? 昨今、様々な情報が漏れだしたのは、それが公にされた時の人類のショックを減らすためと考えれば合点がいくだろう。

 火星人は地球を実験場として使用してきたが、そろそろ地球が終わりの時が近いと悟ったのか……。滅亡の理由は、太陽フレア、ポールシフト、自然災害、あるいは愚かな人間同士の核戦争かもしれない。さらに、荒廃した火星環境が復活できるめどもついたため、火星人にとって地球はそろそろ用済みとなった可能性もある。

 今後、火星移住計画は現実のものとなる。だが、地球人のすべてが火星に行けるわけではなく、選ばれたごくわずかな人間だけだ。美男美女、頭脳明晰など最も優れた人間のみが火星に移住できる権利を得るのである。

 未知との遭遇が始まった時、人類は滅亡の一歩を踏み出すのかもしれない。
(文=白神じゅりこ)

jyuriko.jpg

★白神じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。
・ブログ「オカスピブログ 東京怪奇大学

 白神じゅりこ企画、地震予知研究家・百瀬直也氏との共著のムック本『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアコレクション、ダイアプレス)、『UMA未確認生物の真実』(DIA Collection/岡本英郎との共著)も発売中!

コメント

7:匿名 2016年7月23日 14:56 | 返信

こういう時は
当時は現在の世界にない技術がありましたか?今でも作れますか?
と聞けばわかるんだよな。

6:匿名 2016年2月22日 08:06 | 返信

火星人と我々との交流が始まるのは、そう遠くない未来なのかも知れない。また、そう期待したい。地球が滅びてしまう前に。

5:匿名 2015年12月1日 08:29 | 返信

抜粋した記事をいかにも自分の考え みたいな文章だぞ

4:校正課 2015年11月25日 22:29 | 返信

誤「異次元 火星人は地球のような惑星だった!?」
正「異次元 火星は地球のような惑星だった!?」

TOCANAさんて校正さん入れてないんですか?

3:匿名 2015年11月25日 22:25 | 返信

火星の大気が失われた36億年前に地球の原始海洋で最初の生命体が誕生している。つまり火星の知的生命体が地球へ生命の種を蒔いた後、太陽系を去った可能性もあります。誰か映画化してくれw

2:匿名 2015年11月25日 17:03 | 返信

こーゆー記事を楽しめる人間になったほうがええぞ。

1:匿名 2015年11月25日 13:39 | 返信

まず、宇宙船なんか乗らないし、火星は核戦争で荒廃なんかしないぞ、
地球人レベルの創作からいい加減に解脱せよ。
地球?月?火星?    一度自分の知識を疑え。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。