NHK紅白の目玉は「つんく♂」の情報! 一方で事務所社長との確執からモー娘。OGとの共演はないとの見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
tsunku_01_150415.jpg「つんく♂オフィシャルサイト」より

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 年末の『NHK紅白歌合戦』で異常事態が続いている。通常なら10月中には発表される総合司会者が11月16日現在でも決まっていないからだ。

 原因は総合司会者に内定していたタモリが“ドタキャン辞退”したことだ。その理由を巡っては「情報が事前に漏れた」「NHKとトラブった」など様々な憶測が流れているが、一方のNHKは未だタモリ起用を諦めきれないために総合司会者の席が空いたままだとも言われている。

 司会者の人選からして波乱含みの今年の紅白だが、そんななか注目を集めているのがつんく♂の存在だ。「女性自身」(光文社)や東京スポーツが相次いで「紅白の目玉としてつんく♂起用」を報じているが、取材を進めるとそれはかなり確実な線のようだ。

 歌手でありハロー!プロジェクトの総合プロデューサーだったつんく♂が咽頭ガンによる声帯摘出が明らかになったのは今年4月だったが、その後、つんく♂の復帰に大きな関与をしたのがNHKだったからだ。

 9月10日に放映されたNHKドキュメンタリー『NEXT 未来のために「“一回生”つんく♂ 絶望からの再出発」』は復帰を目指すつんく♂を追ったものだが、これは声帯を失って初めてつんく♂が単独取材に応じたもので、子どものために、家族とともに病気を克服しようとするつんく♂の姿が大きな反響を呼んだ。

 また10月3日に、今度は声帯を失って初となった音楽番組『SONGS』にも登場、つんく♂が手掛けた楽曲をTOKIOの長瀬智也やクミコが熱唱し、つんく♂もまたギター演奏する姿を披露している。

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。