意外と多い! “生霊”に悩まされる芸能人の実態とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

1118sutoka_sub.jpg※イメージ画像:『生霊の如き重るもの 刀城言耶』講談社

肩こりや腰痛といったものから、仕事に集中できなくなったり、キレやすくなる人もいます。とにかく精神的に不安定になっていくことが多いので、除霊するケースが多いです。しかし、除霊をする場合であっても、事務所としては信頼できる人に頼みます。おかしな人につけ込まれないためです」(同)

 おかしな人とは聞き捨てならないが、どういうことか。

「生霊によって苦しんでいる芸能人が除霊してもらいたいと思って、適当な霊媒師とか占い師などに話を持ちかけることがあるそうです。お笑い芸人のNさんのケースがそうだったと聞きました。しかし、相手によっては、つけこんでお金を巻き上げようと考えるわけです。また、宗教を紹介されることもあります。実際、生霊の除霊を入口に霊媒師や宗教にのめり込んで、芸能活動に集中しなくなる芸能人もいるので目を光らせています」(同)

 生霊がいるのは大変だが、それを逆手にとって取り込もうとする輩もいるというのだから、芸能人はさらに大変な職業だ。華々しい仕事ではあるが、やはり苦労も多いようだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。