「1ミリずつアゴ削って」浜崎あゆみの動画修正要求がヤバい&驚愕の加工代!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

1125seikeimajo_sub.jpg※イメージ画像:『sixxxxxx』avex trax

「かつての話ですが、浜崎あゆみがライブビデオの編集段階になって“全シーンに映っている自分のアゴを1mmずつ削ってほしい”との要望を出してきたことがあります。これは今でも映像業界の伝説的なエピソードになっていますよ」(映像制作会社スタッフ)

 全シーンの加工とはすごい話だが、コストはどれほどかかったのだろうか。

「当時は映像編集室でしか加工ができなかったので、細かい加工ができる専門の編集室を数週間貸し切り、約4,000万円かかったと聞きます。費用はエイベックスが出したそうですが、90年代当時の音楽業界バブル期だからこそ可能だったんでしょうね。今なら即座に却下ですよ」(同)

 約4,000万円とは驚きだが、ここまでの費用を払うならアゴのラインを削る整形を受けさせたほうが安い気がする。このような要求を通すことができた当時の歌姫の威光の凄まじさを物語るエピソードだ。

「今は技術も進歩していますのでここまで高額になりませんが、それでも映像を加工するのはお金も時間もかかります。だからこそ、美魔女の映りが悪いというレベルの話で番組の映像を加工するなんてありえませんよ」(同)

 どうやら今後も美魔女は雑誌とテレビでは、全く違った顔を見せていくことになりそうだ。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

コメント

2:匿名 2016年3月28日 22:00 | 返信

訴えられてもおかしくない
知能が欠片でもあればおかしな話をしている事が分かると思います

1:匿名 2015年12月1日 19:35 | 返信

90年代当時の浜崎あゆみってテレビで見てもLIVE映像で見ても全然見た目変わらなかったけど、TV番組も編集させたって事?
生番組はどうやって加工したの?
くだらねー記事。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。