シングル1位なのに! KinKi Kidsが一度も紅白に出場しない怪現象

関連キーワード:

,

シングル1位なのに! KinKi Kidsが一度も紅白に出場しない怪現象の画像1※イメージ画像:『KinKiKids Returns 2001』ワニブックス

 26日、大晦日に放送される『第66回NHK紅白歌合戦』の出場アーティストが正式に発表された。ジャニーズ事務所からは、今年デビュー35周年を迎え、19年ぶりの出場となる近藤真彦をはじめ、SMAPや嵐など計7組の出場が決定したのだが、ネット上では「KinKi Kidsの紅白出場は無理なの?」「ギネス記録更新しているのにね」など、ネット上ではKinKi Kidsが1度も紅白に出場しないことに疑問を抱くコメントが飛び交っている。

「今月18日にリリースされたシングル『夢を見れば傷つくこともある』が初登場1位を獲得したことで、KinKi Kidsはデビュー曲『硝子の少年』から35作連続で初登場1位を獲得。これにより、ギネス世界記録に認定されている『デビューからのシングル連続首位獲得作品数記録』で、自身が持つ記録を更新しました。しかし、KinKi Kidsは紅白には縁遠く、1999年の『第50回NHK紅白歌合戦』で、歌の合間のコーナーでゲストとして『フラワー』(同)を歌ったきり。

『硝子の少年』でデビューした1997年にオファーがあったようですが、阪神大震災の災害復興チャリティーイベントとして始まったカウントダウンコンサート(以下、カウコン)に、関西出身のふたりを出演させるという事務所の意向などもあり、紅白への出場は見送られる形に。翌年以降も、東京ドームで行われるカウコンでの若手のまとめ役を任されたり、また年末年始にコンサートを行っている関係上、紅白出場は果たせないままでいます。しかし、ファンからは『紅白なんて出場しなくていいから、カウコンには出続けて欲しい』『年末年始のライブツアーを辞めないで』という声が圧倒的に多いようです」(芸能関係者)

 KinKi Kidsといえば、デビュー時から“不仲説”が囁かれているが、最近ではその声も沈静化しているようだ。

「“不仲説”が囁かれるようになった背景には、ふたりがお互いの電話番号を知らず、プライベートでは一切交流がないことや、撮影裏では目も合わせないといった目撃情報が流れたこと、ソロでの活動が多いことなどが挙げられますが、去年10月から放送開始された『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)で、息の合った姿を披露していることから、『不仲どころか、大の仲良しなんじゃないか?』という声が多く上がっているようです。元々、ファンからすれば、不仲説が出ること自体が不思議だったらしく、ネット上では不仲説を逆手に取って、『汗ビチョビチョのままハグ出来ますが不仲です』といった、『~ですが不仲です』というネタ扱いされているようです」(同)

 過去のカウコンでは、複数回にわたって司会を務め、会場を盛り上げたふたり。今年はどうやって年末を盛り上げてくれるのか、ファンにとっては今から楽しみでならないだろう。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

シングル1位なのに! KinKi Kidsが一度も紅白に出場しない怪現象のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで