高梨臨の腐女子演技が残念! 漫画原作ドラマが低クオリティな理由とは?

高梨臨の腐女子演技が残念! 漫画原作ドラマが低クオリティな理由とは?の画像1※イメージ画像:『高梨臨ファーストDVD「Rin~tobira~」』TOEI COMPANY,LTD.

 現在放送中の月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で、女優・高梨臨が演じる腐女子っぷりがネット上で話題となっている。Twitterで検索をかけてみると「演技が秀逸」「顔からしてできあがっている」「共感できるところありすぎ」などと評価の高いコメントが並ぶ。しかし、どこか引っかかってしまうのは、私だけだろうか。

 高梨扮する山渕百絵は、英会話学校の非常勤講師である主人公・桜庭潤子(石原さとみ)の同僚。クールビューティーと噂される美人英会話講師だが、実は口下手のBL(ボーイズラブ)オタクである。28歳にして未だ処女であるため、同僚たちの恋愛トークにはついていけない。

 英会話講師としての百絵は、絵に描いたような“普通の女子”であり、たたずまいや表情は自信に満ち溢れている。しっかりと人の目を見て話せる上、同僚たちと同等、もしくはそれ以上の立場であることを崩さない。ところが、第3話で潤子を自宅に泊めたことによりBL好きがバレてしまう。潤子が「私、嫌いじゃないよ。この本貸してくれない?」と同調したところ、百絵は「私的にオススメなのは年下攻めの花嫁系」、「あ、ちなみに最近ハマっているのは、ワンコ攻めのオヤジ受け」、「いかんBL好きが胸アツに」とBL熱が暴走。“急に”伏し目がちでぎこちない動きになり、早口で声がこもってしまう。いかにもオタクっぽい立ち居振舞い方になってしまったのだった。 

 それにしても、“急に”である。第3話の例のシーンでは、BLがらみのやりとりを一通り済ませたあと、百絵は「ねえ、昨日なんかあった? よかったら話して」と潤子を気遣ういつも通りの英会話講師の姿を見せた。その後も百絵“BLがらみ”シーンになると、“急に”オタクスイッチが発動し、“伏し目がち”で挙動不審になっている。

 どう考えても不自然だ。これでは多重人格者ではないか。“伏し目がち”は心理的に自信がなかったり、後ろめたさから来ているものだったりすると言われている。にもかかわらず、百絵は職場の同僚同士の会話では、きちんと人の目を見て話せるのだ。もしかしたら、腐女子な自分を隠そうとして、“普通の女子”を気丈に振舞っている(っていう演出)ということなのかもしれない。だとしても、そんな“急に”仕草が変わってしまうことがあるのだろうか。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

高梨臨の腐女子演技が残念! 漫画原作ドラマが低クオリティな理由とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル