EXILE、SMAP、関ジャニ∞! 過去の脱退騒動グループからみるKAT-TUNの未来

関連キーワード:

,

,

,

,

EXILE、SMAP、関ジャニ∞! 過去の脱退騒動グループからみるKAT-TUNの未来の画像3画像は、「Johnny’s net」より

■関ジャニ∞

 メンバー全員が関西出身という、他のジャニーズ・グループと少し毛色が違う関ジャニ∞。“エイト”という名がついているだけあり、当初は、横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義に内博貴を加えた8人で活動していた。しかし、前述の未成年飲酒により内が脱退し、現在は7人となっている。

 とは言え、残されたメンバーのキャラが立っているため、マイナスイメージはほぼない。それどころか、内が抜けた翌07年にはジャニーズ事務所初となる47都道府県すべてを回る全国ツアーを行うなど、グループの結束が固まった気さえする。7人になっても、魅力は無限大だ。

EXILE、SMAP、関ジャニ∞! 過去の脱退騒動グループからみるKAT-TUNの未来の画像4画像は、「EXILE Official Website」より

EXILE

 ジャニーズ以外で、大きな脱退があったグループと言えば、今や大所帯のEXILE。そもそもSASAが脱退したことで、J Soul Brothersから改名し、01年に再始動しているEXILEだが、06年にボーカル・SHUNがグループを離れた。SHUNはソロ活動に専念し、現在は清木場俊介名義でシンガーソングライターとして活躍中。

 当時、メインボーカルの脱退にパワーダウンも騒がれたが、これを機に今のEXILEブームが始まっているとも言える。第2章として、ヒップホップグループ・RATHER UNIQUEのAKIRAが新メンバーとして加入。また、「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ASIAN DREAM~」で優勝したTAKAHIROも加入した。その後、09年には第3章と銘打ち、(二代目)J Soul Brothers からKENCHI、KEIJI、TETSUYA、NESMITH、SHOKICHI、NAOTO、NAOKI、14年の第4章では「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に合格した岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹が一挙に加わり、今の19人となった。

 順風満帆に思えるEXILEも、今年いっぱいで松本利夫、USA、MAKIDAIという主力パフォーマーが3人も抜けてしまうが、今までの流れでいくと年明け早々、第5章が始まる気がしてならない。さすれば、新たなEXILEにも期待が持てるだろう。

 以上、長々と男性グループの脱退を紹介してきたが、KAT-TUNに戻すと、赤西はデビュー直後に活動休止、復帰後も海外志向が強く、結果的に“方向性の違い”を理由に去っている。田中は13年に「度重なるルール違反行為があった」として脱退。そして田口は、残されたメンバーの説得を試みるも、「芸能活動の考え方の違い」という溝は埋まらなかったようで来春離れることとなる。一部では交際相手・小嶺麗奈との結婚が理由とも言われているが、いまだ明かされてはいない。

 ほかのグループに比べ、脱退原因がすべてうやむやな気がするKAT-TUN。自然とイメージもグレーとなるが、亀梨、上田、中丸は3人での再スタートで飛躍できるだろうか。亀梨の活躍が頭ひとつふたつ抜きん出ているだけに、上田と中丸のふんばり次第なのかもしれない。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

EXILE、SMAP、関ジャニ∞! 過去の脱退騒動グループからみるKAT-TUNの未来のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル