【宇宙人特集】「宇宙人解剖フィルム」がUFO神話に死亡宣告をした――『UFOとポストモダン』に書かれた、宇宙人論の悲しい矛盾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1204ufotopo_sub01.jpg※イメージ画像:Thinkstockより

 UFO墜落事件の元祖として扱われるロズウェル事件の真相は、特殊な形状をした観測気球の落下であったといわれる。ただ、当時は気球の存在そのものが機密事項であったために、詳しい説明がなされなかった。そのため、第一報として報じられたUFO墜落の言説がひとり歩きし、のちのちまで影響をおよぼすことになる。さらに、説明がなされなかったことにより、落ちたものは本当に気球なのかという陰謀論が入り込む余地も与えてしまった。何より重要なのは“私たちを超えた場所にあった何ものかが私たちと同じ地平に落ちてきた”事実である。高度な文明によって作られ落ちることのない「空飛ぶ円盤」神話が崩壊するのだ(p.70-74)

 キャトル・ミューティレーションは動物の原因不明死が相次いだ事件である。宇宙人が何らかの生物実験を行っているとも言われ、次は人間かと恐れられた。この背景には生物の遺伝子操作などを行う、バイオテクノロジーの台頭に対する人々の不安感があったと著者は指摘する(p.79)。さらに、宇宙人に誘拐されて手術を受けたというアブダクション体験を訴える人間も増えてゆく。宇宙人による生物実験の対象が動物から人間へと移り変わるのだ。

 アブダクション事件が台頭するのは1970年代以降である。だが、1961年にアブダクションの元祖ともいえるヒル夫妻の誘拐事件が起きている。夫婦が同時に誘拐されるシチュエーションは、単独誘拐が多いアブダクションの中では稀有な事例である。

 ヒル夫妻が目撃したものは、のちにグレイ型と呼ばれる宇宙人像である。筆者はヒル夫妻が当時は珍しい夫の黒人と、妻の白人という組み合わせであったことに着目する。夫妻が見たグレイ(灰色)の肌色は、文字通り黒と白を組み合わせたものだ


“アメリカ文化においては、白人と黒人の対立がしばしば「黒人男性が白人女性を襲う恐怖」という形で(白人の視点から)表象されてきたからです”(p.88)


 グレイが行う生殖実験には、グレイ(宇宙人)と人間のハイブリッドを作る目的があると言われた。それは、前期UFO神話で描かれた、人種の融合による恒久的な平和の実現といった理想的なものではなく、他者からの侵食、侵犯に対する恐怖が先行する。白と黒を混ぜあわせたらおぞましい灰色(グレイ)が出現する。この宇宙人像に、人種差別の心理が影響していることは確かだろう。


“前期UFO神話には、上から見ている「彼ら」と見られている「私たち」という関係がありました。(中略)後期UFO神話には、いつの間にか私たちの内部に入り込んだ「彼ら」と「私たち」の水平な緊張関係があり、それに平行して、私たちの心の内部に入り込んだ(あるいはもともと内部に潜んでいた)他者が改めて注目を浴びたのです”(p.95-96)

 アブダクション時に、何かチップのようなものを埋め込まれたという証言にも、管理・監視社会の影響を見出すことも可能だ(p.101)。UFO・宇宙人にまつわる言説は社会状況の変化にあわせて、従順に変化しているとも言える。

 陰謀論の加速も止まらない。1980年代に入ると、UFO・宇宙人そのものより、周辺要素ともいえる偽造文章や映像に注目が集まる。

コメント

1:匿名 2015年12月7日 18:22 | 返信

本の宣伝記事である事を明示しとかないとw
タイトルに[PR]もしくは[広告]ってつけといてもらった方が助かる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。