【超・閲覧注意】切断された四肢をInstagramに続々アップ! 奇抜な美人病理学者が伝える「死生観」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

,

※3頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

pathologist1204_hon.jpg画像は「Mirror」より引用

 「人はなぜ死ぬのか?」

 これは哲学的な問いかけではなく、もっとリアルな事象としての「死」について、あなたはどれ程の事を知っているだろうか。

 例えば、何らかの重い病を医者から宣告されたとすれば、患者は自分の病気について学び始め、何とか助かるための解決策を見出そうとするが、そのような機会でもなければ大抵の人は死に対して無頓着だ。なぜ自分の生命活動が停止するのか、理由がよくわからないままに死んでいく人も少なくはない。

pathologist1204_hon1.jpg画像は「Mirror」より引用

■異色の病理学者

 ここに一人のアメリカ人女性がいる。

 首筋から二の腕にはびっしりとタトゥが彫り込まれ、鋭利な器具に囲まれながら微笑む彼女の名前はニコール・アンジェミ、36歳だ。何か特殊な性的嗜好の持ち主かと勘違いされる方もいるかもしれないが、そうではない。彼女の前に並べられているのは人体の解剖や検死の際に用いられる医療器具であり、このニコール・アンジェミは「人間と死の因果関係」を調査研究する病理学者なのだ。

「例えば、みんな乳癌を切除しなければならない事は知っていても、乳癌が何なのか詳しくは知らないでしょ?私は病気がどのように進行して、どんな結果をもたらすか教えてあげたいの」

 そうインタビューに答えるニコールのインスタグラムには、64万人以上のフォロワーがいる。だが、彼女がアップしているのはセクシーな自撮り写真や楽しそうな日常の一コマなどではない。

 遺体の解剖風景や切り取られた臓器、痛々しい裂傷など、目を背けたくなるような画像ばかりが並んでいる。それは病理学へ従事する者として、一人でも多くの人に死や病気について学んで欲しいからなのだと言う。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2018年10月3日 23:08 | 返信

頑張ってるのはわかるけど、頭が悪いな。
というか・・やっぱり、本人がマニアなせいだ。
結局、どこまでいっても自己中のパンクガールの域を出ないという事だな。

いくら教育といっても、内容的にフェイスブックやツイッターでやる事ではないよ。
自分でHPを作って、そこでやるべき事だ。
TPOのわからない異常者は、研究室に籠っていてほしい。

考えてみればいい。
大腸や肛門科の医者が、いくら教育になるからといって
公共のSNSやツイッターで、様々な病態を示す大便の写真を上げ連ねていたらどうだ?

確かに、消化器の不調で悩む人にはありがたい。
健康な人でも、急なお腹の不調に苦しんでる時にはとても有難い情報だ。
だけど。
そこまでコアな情報を求めていない状態で、偶然閲覧してしまった場合…
ちょっと困らないか?w
私は凄く遠慮したいが…。

呼んでもいないのに、SNSで不意に現れるインパクトの強い専門情報よりも
検索窓から「大便 青色」「下痢 1週間」と入れて出てきたHPの方が
私は100倍有難いと思うw

4:匿名 2018年8月13日 09:58 | 返信

勇気があるなぁ。これからも頑張って下さい

3:匿名〜 2015年12月23日 16:53 | 返信

これがリアルなのです

2:匿名? 2015年12月23日 16:52 | 返信

これがリアル

1:匿名藤谷幸夫 2015年12月8日 12:22 | 返信

えぐ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?