喜多嶋舞の主張は正しい!? 大沢が行ったDNA鑑定の死角「マイクロキメリズム現象」を考慮していない!!

OsawaKitajima_2.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 女優の喜多嶋舞(43)が、8日発売の女性誌「婦人公論」(12月22日・1月4日号)の取材に応じ、「女優としての自分の人生にピリオドを打ち残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた」と、長男のために芸能界から引退することを明かした。

 元夫である俳優の大沢樹生(46)が、喜多嶋との長男(18)に対して「親子関係不存在確認」を求めた裁判は、先月19日に東京家裁が「長男との親子関係なし」との判決を言い渡したことにより決着。判決には、大沢が資料として提出したDNA鑑定の結果が強く影響したと考えられているが、喜多嶋はこのDNA鑑定の結果に納得せず、今後「再鑑定で身の潔白を証明したい」と語っている。

 さて、大沢が実施した長男のDNA鑑定では「生物学的父親ではない」すなわち“父性確率0%”とする結果が出たと伝えられているが、そもそもDNA鑑定において“父性確率0%”という結果が得られるものなのか? トカナはまずこの点に疑問を呈したい。昨年、「足利事件」の冤罪は、DNA鑑定を信用しすぎた結果生じたものであることが判明した。たしかに20年以上前と比べて、DNA鑑定の精度は飛躍的に向上しているだろう。しかし、それでも“0%”と言い切れる結果は得られないはずだ。“ほぼ0%”であれば、それは0%ではない。そしてもう一つ、考慮しなければならないのが、「DNAキメラ」の存在だ。


■2種類のDNAを持つ「DNAキメラ」とは!?

OsawaKitajima.jpgキマイラ 画像は「Wikipedia」より引用

 では、この「DNAキメラ」とは一体何か。キメラという言葉は、ギリシア神話に登場する伝説の生物、「キマイラ」に由来する。この「キマイラ」は、ライオンの頭とヤギの胴体、そしてヘビの尾を持つハイブリッドのような怪物だ。つまり「DNAキメラ」とは、同一の個体内に異なる複数の遺伝情報を持つ細胞が入り混じっている状態であり、発現率は10億人に1人という極めて稀な現象ではあるが、実例の報告もあるのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ