喜多嶋舞の主張は正しい!? 大沢が行ったDNA鑑定の死角「マイクロキメリズム現象」を考慮していない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

OsawaKitajima_3.jpgイメージ画像:「Thinkstock」より

 2002年、米国ワシントン州に暮らす26歳のシングルマザーが、生活保護を受けるために3人の子どもとの親子関係を証明するDNA鑑定を受けた。すると、別れた父親と子どものDNAは一致するが、シングルマザー本人と子どものDNAが一致しない。「実母でない」という結果が出てしまったのだ。

 しかし有能な弁護士や医師たちによる尽力の結果、シングルマザーの全身50カ所から採取したDNAのうち、子宮から採取したDNAが子どもと一致することが判明。晴れて親子関係が証明されるに至った。そう、シングルマザーのDNAは「DNAキメラ」であり、DNAを採取する体の場所によって、細胞内に含まれる染色体や遺伝子が異なっていたというわけだ。

 この「DNAキメラ」現象は、「マイクロキメリズム」現象とも呼ばれ、過去にトカナでも複数回報じている。前述のようなケースだけでなく、ドナー卵子による出産で子どもの遺伝子に生みの母親の遺伝子が混ざったり、男児の遺伝子を母胎が獲得するケースなども報告されている。まだ研究は道半ばであり、メカニズムには不明点も多いが、主に胎児の時に別のDNAを持つ細胞が入り込み、そのまま分化・成長することで起きるものと考えられている。最も考えられるのは、本来は二卵性双生児として生まれるはずだった受精卵同士が合体してしまったり、一方に吸収されてしまうケースだという。


■DNA鑑定は確実ではない!!

 このように「DNAキメラ」現象という“死角”が存在するため、DNA鑑定に“絶対”はあり得ない。今回の喜多嶋と大沢のケースでも、大沢か息子のどちらかが(極めて稀ではあるものの)「DNAキメラ」である可能性を考慮する必要があるだろう。喜多嶋が浮気を一貫して否定している事実に鑑み、米国人シングルマザーの事例同様、大沢と息子の両者の全身数十カ所からDNAを採取した万全な検査が行われる必要もあるのではないか? そう考えれば、喜多嶋の「再鑑定で身の潔白を証明する」という主張にも一理あるといえるだろう。

 今後、喜多嶋と大沢の泥沼劇は、生命の神秘「DNAキメラ」現象の謎も絡んだ意外な展開を見せるのだろうか。いずれにしても、息子にとっては迷惑な話以外の何物でもないはずだが……。
(編集部)


参考:「ヘルスプレス」、「スポニチ」、「朝日新聞」、ほか

人気連載
【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

人気連載
7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

■2019年7月22日〜28日「今週の運命を劇的に変える...

コメント

6:匿名 2019年1月29日 17:55 | 返信

キメラDNAで複数の遺伝子情報があるケースはありますが全く他人のDNAを持つわけではありません

大沢さんがキメラDNAを持っていたとしたら息子の父親は大沢さん兄弟と診断されることはあっても全くの他人と診断されることはありません

そして兄弟と診断されたなら100%違うなんて鑑定結果を出すはずがありません

5:匿名 2016年3月15日 11:53 | 返信

要はこのケースのように疑わしい時は精密にDNA鑑定する必要があるということだ

4:匿名 2015年12月10日 21:12 | 返信

世間といわれるアホというのは叩かれてるから叩いてるだけなんだよな
なんも考えず与えられた情報を鵜呑みにして疑うことを知らないから

3:匿名 2015年12月10日 19:23 | 返信

本人も結婚するときにあなたの子供ではないかもっていってたのに

2:匿名 2015年12月9日 18:52 | 返信

Y染色体鑑定で確定できるでしょ?

1:匿名 2015年12月9日 11:59 | 返信

これだけ世間からも大バッシングされてるのに何故わざわざあんな女を擁護するんだ?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。