フジ特番が触れなかった津山事件=八つ墓村の真相! 殺された女性の夫が「夜這い」原因説について語った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

 4人がいた8畳間は血の海でもあった。現場を直接見てしまったAさんのあまりに赤裸々な証言だ。

 さらにAさんは多くの殺戮現場を目の当たりにしていく。妻の妹の嫁ぎ先でも惨状が広がっていた。

「妹は腹が大きかったんじゃが、婿と一緒に殺されとった。そしたら、(一緒に撃たれた)虫の息のおばあさんがワシの顔を見てニヤーッと笑ったんじゃ。その顔が今でも忘れられん」

 こうして1時間半ほどの時間に、集落の半分に当たる11軒が襲われ30人もの人々が惨殺された。襲われて生き残ったのはわずか3人だ。

 そして、証言は犯行の動機について語られる。ここでAさんは動機のひとつと言われている自分の妻との性的関係、集落の「夜這い」について、こんな否定証言をするのである。

「(小説には)睦やんがワシの女房を手込めにしとったことも書いてある。(妻が)嫁に行く前に相当遊んでいるように書いてあるが、女房が遊んだか遊んでないかは、ワシでなきゃわからん。それに村じゅうで関係していたように言われとるが、そんなことできるのか?」

 しかし一方で、妻といっしょに里帰りした友人、Bさんについては、睦雄が恋焦がれていたことを認めている。

「(Bさんが)嫁に行く時に、陸やんが茅を積み上げて通せんぼしたそうじゃ。それくらい思いがあったんじゃ。後で聞いたら、『おまえを残しちゃいけんのや!』言うて、床の下に隠れた娘(Bさん)めがけてバンバン撃ち込んだらしい」

 だが、Bさんは奇跡的に、銃弾が喉をかすめる軽症ですんだ。Aさんは事件から10日ほどたった頃、Bさんと顔を合わせたが、Bさんから「私が殺したんじゃ、こらえてください、こらえてください」と泣きながら抱きつかれたと語っている。

この記事を読む限り、犯行の原因は「夜這い」というよりはむしろ「失恋」と考えたほうがいいだろう。遺書にしても、睦雄はこれらの女性と実際に性的関係があったわけでなく、一方的な妄想だったとの見方も根強い。

 津山事件はそのショッキングな事件ゆえに、さまざまな噂、物語を生みだした。どこまでが事実で、どこからが都市伝説なのか。次はぜひ、もう一歩踏み込んだ津山事件のレポートを期待したい。
(編集部)

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。